このページの本文へ

導入効果を測定する「アセスメントサービス」も無償で実施

仮想化やDBを高速化!NECがオールフラッシュアレイを投入

2015年09月28日 12時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月28日、NECは仮想サーバーの統合やDB処理に最適なオールフラッシュアレイ「iStorage M310F」と「iStorage M710F」の2機種を本日から発売する。

iStorage M310FiStorage M710F

 iStorage M310FとiStorage M710Fは記憶媒体にSSDを用い、同数のHDDベースのストレージに比べ、最大100倍高速を謳う。これにより、仮想化環境下における性能ボトルネック解消やデータベースの高速処理を実現。また、同等の性能をHDD構成で実現した場合と比較し、最大20分の1まで筐体数を削減するとともに、90%の電力削減も可能にするという。

 iStorage Mシリーズ共通の管理ソフトやバックアップ機能を搭載しており、運用手順を見直さずに追加導入が可能になる。管理者は管理画面でSSDの寿命到達度をいつでも確認することができ、寿命到達に向けた計画的な交換を可能にするという。

 また、導入に際してはアセスメントサービスを無償で実施。アセスメントの専門要員が、現システムのストレージ状況を分析し、書き込み処理などのHDDによるボトルネックを見極め、オールフラッシュストレージに置き換えた場合の効果予測レポートを無償で提供するという。

 価格はiStorage M310F(200GB SSD×3台、FC 8Gコントローラー、48GBキャッシュメモリ、基本制御ソフト/管理ソフト)が437万円~、iStorage M710F(200GB SSD×3台、FC 8Gコントローラー、192GBキャッシュメモリ、ディスクエンクロージャ、基本制御ソフト/管理ソフト)が1878万円~(ともに税別)。出荷は10月30日。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ