このページの本文へ

RagingWireの北米におけるデータセンター供給能力は約2倍に

NTT Com、米テキサスに2万5000ラック相当のデータセンター建設

2015年09月09日 12時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月9日、NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、米国テキサス州において「テキサス ダラス 1 (TX1)データセンター」の建設を開始することを発表した。約17万㎡の敷地に2万5000ラック相当となる最大5棟のデータセンターを展開予定。その第1棟目(サーバールーム面積約1万1400㎡、5000ラック相当)を2016年9月以降に提供開始する。

「テキサス ダラス 1 (TX1) データセンター」の外観イメージ

全米第4位のテキサス州ダラス・フォートワース都市圏に約17万㎡の敷地

 建設はNTT Comのグループ会社であるRagingWire Data Centersを通じて行なわれ、約170億円を投じる。敷地として、米国テキサス州ダラス・フォートワース都市圏のガーランド市に日比谷公園に匹敵する約17万㎡を取得。同都市圏は、全米第4位のデータセンター市場で、49の事業者が約23万㎡のデータセンタースペースを提供しており、年間約13%の成長率が見込まれているという。低廉な建設・電力コストなどを背景に、過去5年間に60社以上のグローバル企業が同地に本社を設置するなど、北米のビジネス中心地にもなりつつあるとのこと。

 今回データセンターを建設するガーランド市からは、固定資産税の優遇や光ファイバー敷設助成金、地元の電力会社からは割安な電力料金の提示など、地域の積極的な事業支援があったという。これにより、低コストでデータセンターの建設・運用ができる見込みとなっている。

電力供給100%を保証するSLAと省エネを実現

 テキサスダラス1(TX1)データセンターは、NTT ComのNexcenterが定める300項目以上のグローバル統一設備・運用基準に準拠。電力・空調・通信設備の冗長化やテロにも強い充実したセキュリティをはじめ、電力供給100%を保証するSLA(サービスレベル保証)を備えた世界トップクラスのサービスを提供する。また、最大20kW/ラックの高密度電力供給、空調設備や通信回線引き込みの冗長化に加えて、RagingWireが特許取得済の「2N+2アーキテクチャ」を採用。設備メンテナンス時においても完全冗長性を保ちながら電力供給を可能とするなど、万全な設備運用の体制とあわせて業界最高基準のTier 4レベル以上の高い可用性を実現する。

約17万㎡の敷地に2万5000ラック相当となる最大5棟のデータセンターを展開予定

 さらに、RagingWireが開発したデータセンター設備管理システム「N-Matrix」をあわせて導入。電力使用状況の監視や設備の冷却を自動管理するなど、効率的な設備管理を実施する。加えて、電気空調コストをさらに低減する外気 冷房システムの導入、米国環境保護庁(EPA)が定める「ENERGY STAR」認定を受けた設備を採用。低コスト運用を実現するとともに、米国グリーンビルディング協議会による「LEED」認証に対応した環境に配慮したデータセンターを提供するという。

 セキュリティ・運用ガイドラインに関しては、クレジットカード業界のグローバルセキュリティ基準である「PCI DSS」、米国連邦情報セキュリティマネジメント法に基づく情報保護ガイドライン「FISMA」、米国医療情報保護ガイドライン「HIPAA」に準拠するほか、「SSAE16/ISAE3402」による内部統制に関する有効性証明書を取得予定。その他、オンサイトスタッフによる各種マネージドサービスやリモートハンドサービスなどの運用サービスを提供する予定。敷地内には、BCPオフィスとして利用が可能なレンタルオフィスのほか、会議室、各種アメニティ施設も備えるという。

 本データセンター第1棟目の建設により、NTT Comグループが米国で提供するデータセンターのサーバールーム総面積(提供予定含む)は約6万5600㎡に拡大。また、全5棟完成時はRagingWireの北米におけるデータセンター供給能力は約2倍に拡大するという。

カテゴリートップへ

ピックアップ