このページの本文へ

プロジェクションマッピングも楽しめる

スパイスの祭典「SPICE FES」で、新ボンカレーネオを喰らう!

2015年08月27日 16時01分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
この3つが8月24日に発売したばかりの「ボンカレーネオ」新フレーバーだ!

 大塚食品は8月27日から30日まで、表参道のCOMMUNE246にて「SPICE FES 2015」を開催している。

 ボンカレー新商品の発売を記念したイベントで、8月24日に発売した「ボンカレーネオ とろけるデミグラス欧風」「ボンカレーネオ コクと旨みのオリジナル」、「ボンカレーネオ 薫り立つスパイスインド風」(関連記事)を食べ比べできるほか、COMMUNE246の各飲食店がスパイシーなメニューを提供する。

ボンカレーネオの新フレーバー3種類を食べ比べられる。筆者のオススメは一番左の「とろけるデミグラス欧風」
COMMUNE246内のTonPai Kichenでは、野毛山カレー特製のカレー粉とタイの海老味噌を玉子でとじた「パッポンカレー」を販売。このほかにも様々な飲食店が“スパイシー”をテーマにしたメニューを提供する

 8月27日に行なわれた記者発表会には、ボンカレー プロダクトマネージャーの垣内 壮平氏が登壇。「今までは辛さによって種類を分けていたが、今度のボンカレーネオでは初めてフレーバー別に種類を分けて販売する。新しい3つの味を多くの人に体感してもらうために、SPICE FES 2015というスパイスの祭典を用意した」と説明した。

ボンカレー プロダクトマネージャー 垣内 壮平氏

 さらに、会場内にあるボンカレー特設ステージでは、ボンカレーネオが完成するまでの工程を映像で表現したプロジェクションマッピングが楽しめる。体験した人はCOMMUNE246の各飲食店で使用できる割引クーポンがもらえるので、会場に着いたらまず特設ステージに向かうことをオススメしたい。

テーブルの上には白いお皿が3つ。そこに小さなシェフが現れ、それぞれ違う具材を使ってカレーを作っていく
シェフが作っていたのはボンカレーネオの新フレーバー。カレーの映像はかなり鮮明に映し出されている
頭上には大きめのプロジェクターが1台
「SPICE FES 2015」は8月30日まで開催中だ

「SPICE FES 2015 supported by ボンカレーネオ」概要
会場:COMMUNE246(東京都港区南青山3丁目13)
開催日:8月27日~8月30日
開催時間:11時~21時(最終日は18時まで)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ