このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガンダムとうふ第4弾はドム! ジェット・ストリーム・アタック食べ推奨

2015年08月20日 17時30分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 相模屋食料は8月20日、「機動戦士ガンダム」とのコラボ商品第4弾となる「トリプル・ドムとうふ(以下、ドムとうふ)」を発表した。8月21日から関東・関西・中国・東北地区のスーパーマーケットやショッピングモールで販売する。

 ドムとうふはガイア・マッシュ・オルテガの「ジェット・ストリーム・アタック」時の攻撃態勢をモチーフとした3種のパッケージを用意。味も3種類で、濃厚な豆乳クリームを使用した、マイルドチョコ風味・ビターチョコ風味・ミルクチョコ風味をラインアップする。

量産されたドムとうふが積まれている
会場にはドムの模型も!
ドムとうふを使ったジオラマも展示されていた
G・バズ(たけ○この里っぽい)の爆煙はマシュマロで表現しているという
こちらは「ジェット・ストリーム・アタック」
ポッキーをうまく握っている。黒い部分は海苔
オルテガ機の名シーンをパフェで再現
土台はケーキ用のスポンジ
こちらは市街戦
板チョコを抜いたり、ポッキーに何かが刺さっていたりと、廃墟っぽさがよく出ている

 代表取締役社長の鳥越 淳司氏は「(ドムとうふを発表できて)こんなにうれしいことはない。おとうふ一年戦争(ビグ・ザムとうふ発表)以降、破竹の勢いで戦線を拡大してきた。しかし、Gとうふへの思いをはせながら、試行錯誤の続く毎日。Gとうふを実現するには自身のイメージ通りにならなければならない。そして、ついにこれだと思うものができた」とドムとうふについて熱く語った。

とても真面目にガンダムになぞられる鳥越氏

※ ビグ・ザムとうふが発売されたのは2013年なので、野暮なことを言うと2年経っている(関連記事)

 これまで相模屋食料はガンダムとのコラボ商品以外に、レンジでチンするだけで食べられる豆腐の鍋セット「ひとり鍋シリーズ」や、若い女性をターゲットにした「ナチュラルとうふ」なども販売してきた。

 ナチュラルとうふに限ってはチョコレート味を用意しながらも、「食べたらおいしいと好評」で「豆腐でチョコ? と訝しがられる向きもあったが、今では定番」だという。

 しかしながら「絹や木綿のような豆腐の本流ではない」と鳥越氏は語る。

 「独特の輝きを持っているので愛されていると思っている。これこそ意欲的な設計思想であり、まさにこれはドムではないか」。こうした独自の理論からドムとうふは誕生したようだ。

 ここまでの力強い話から想像できるかもしれないが、パッケージや味にも相当なこだわりが見える。パッケージは試作を繰り返し、専用パックを開発。鳥越氏いわく「もはや豆腐のパックではない」そうだ。

 食べ方についても「ジェット・ストリーム・アタックの順で食べていただきたい。マイルド・ビター・ミルク、これで〆ていただきたい。これをジェット・ストリーム・アタック食べと呼んでいる」とご指定が入る。

相模屋食料の設計思想をドムに重ね合わせる
リアリティーを追求した専用パック赤い部分は別パーツとシールを使い、わざわざ貼り付けているという。こだわりが半端ではない
鳥越氏が提唱するジェット・ストリーム・アタック食べ。みなさんぜひとも食べる順序は守っていただきた
味は濃厚感のあるナチュラルとうふがベース。「NTはガンダムファンにとって重要なワード」とねじ込む鳥越氏

(次ページでは、「おの ののかさんも絶賛の味」)

前へ 1 2 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社