このページの本文へ

2020年のサービス提供に向けて進む次世代通信技術

LTEの約1000倍、ドコモが5G通信実用化に向けて世界主要ベンダーと実験拡大

2015年07月22日 18時19分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
各社との5G実験協力のイメージ図

 NTTドコモは7月22日、世界の主要ベンダー8社と行っている第5世代移動通信方式(5G)に関する実験を拡大、新たに5社と実験や技術開発を行なっていくことに合意したと発表した。

 5Gは10Gbpsを超える通信速度やLTEの約1000倍の大容量、モノのインターネット時代を迎えて増大する端末数にも対応する次世代通信方式。ドコモでは2020年のサービス提供開始をめざしている。

 これまで、アルカテル・ルーセント、エリクソン、富士通、ファーウェイ、三菱電機、日本電気、ノキア、サムスン電子と協力して実験や技術検討を進めてきた。新たにインテル、キーサイト・テクノロジー、パナソニック、クアルコム、ローデ・シュワルツの5社と合意した。

 インテル、クアルコムとは5Gデバイスの検討・実験、パナソニック、クアルコムとは通信システム技術、キーサイト、ローデ・シュワルツとは測定器の実験協力を行うとしている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART