このページの本文へ

大画面版も計画、サポート体制など、初公開の情報も

明日発売のMADOSMA、Windows Phoneへの想いを小松社長が語る

2015年06月17日 20時31分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マウスコンピューター代表取締役社長 小松 永門氏。左手に持つカスタムバックカバーはこの日初披露した

 マウスコンピューターはWindows Phone「MADOSMA Q501」の販売を6月18日に開始する。

 発売前日の本日、マウスコンピューター代表取締役社長の小松 永門氏がWindows Phoneの優れた点とは何か、そしてMADOSMAが目指しているものが何であるかを語った。ここで初めて明らかになった情報もあった。

マウスがWindows Phoneを発売する理由は「人とPCをもっとつなげるため」

 マウスコンピューターでは「人とPCはもっと近づける」という想いでモバイルパソコンを提供してきたという。モバイル製品の歩みは2014年9月発売の8型タブレットから始まり、LTEタブレット、スティック型PC「m-Stick」と続き、そしてWindows Phone「MADOSMA」に至った。

MADOSMAは「人とPCをもっとつなげる」デバイスであるというタブレット、スティック型PCの流れの中にMADOSMAを位置づけた

 MADOSMAは同社初のスマートフォンであり、国内初のWindows Phone 8.1 Update搭載スマートフォンだ。だが同社ではこれを特殊な製品だとは考えず、これまで続けてきたモバイル製品の流れの中にある製品であると位置づけている。

日本で「One Windows」を実現できるのがMADOSMA

 Windows Phoneの開発にあたっては「One Windows」というマイクロソフトのコンセプトに強く共感したと小松社長は語る。これはひとつのMicrosoftアカウントで、複数のWindowsデバイスでデータを共有し、統一したUIで作業できるというものだ。

MADOSMAで「One Windows」の実現を目指す国内で使用されているWindowsデバイスの数は7500万台
充実したビジネスユーザー向け機能の数々Windows Phoneが持つ3つの大きな特徴

 現在、国内ではPCとタブレットを合わせて約7500万台のWindowsデバイスが使用されているという。MADOSMAがデビューすることで、これだけ多く利用されているWindowsデバイスと同じ環境を(これまでのPC、タブレットだけでなく)スマートフォンでも使用できるようになる。「あらゆるWindowsパソコン、タブレットとシームレスにつながるスマートフォン」を目指すMADOSMA。小松社長は、パソコンを使うすべての人がよりパソコンを身近なものとして使えるようになるキーデバイスであると説明した。またホーム画面やライブタイルに関しても、自由にカスタマイズして必要なアプリケーションや情報をまとめられること、ライブタイルによってメール受信などを一画面で簡単に把握できる点などがメリットになるとした。

MADOSMAが目指すのは「あらゆるWindowsデバイスとシームレスにつながるスマートフォン」だ

「MADOSMA Q501」発売直前に、今後の製品企画が明らかに

 Windows Phoneを日本でも安心して利用してもらうためのサポートも充実させた。24時間365日サポートなど、PC製品の修理サポートを行なうパソコンに精通したスタッフによる、ほかのマウス製品と同じようなサポートを実践するという。埼玉サービスセンターで即日修理を受け付けるのもPC製品と同様だ。通常のサポートに加えて、さらに修理期間の延長や自分で破損してしまった場合の保証内容を追加した「安心パック」も後日発表する。

 また、きのう(6月16日)出来上がったばかりというカスタムバックカバーのサンプルも披露した。発売予定などは明らかになっていないが、今後カラーバリエーションが追加されることも期待できそうだ。ちなみにこのバックカバーは、同社の飯山工場でプリント加工を行なうという。

多くの人が使い慣れていないWindows Phoneだけに、サポートが充実しているのは心強い
Gちゃん、Tuneちゃんをプリントしたカバー、オレンジ色のカバー、水色のカバーが参考展示されていた

 説明会の最後に、今後の製品計画を公開した。正式版リリースが待たれる新OS「Windows 10 Mobile」搭載の新製品を企画中とのこと。

 5月に開催された日本マイクロソフト主催イベントでは、特別にWindows 10 Mobileをインストールした「MADOSMA Q501」が公開されていた(関連記事)。だが、それとは別にWindows 10 mobileをプリインストールした4~5型スマートフォン、5~7型ファブレットの開発を進めているという。今後もMADOSMAの展開から目が離せない日がしばらく続きそうだ。

Windows 10 mobile搭載のスマートフォン、ファブレットが登場か
左が個人向けモデルで、右は法人向けに販売されるブラックモデル
Windows 10 Mobileをインストールした「MADOSMA Q501」も参考展示が行なわれていた
一部の社員はすでにMADOSMAを使用しているとのことで、特別に見せていただいた。自分好みにライブタイルを設定するなど、使い込むほど魅力が出てくるとのこと。普段使いしているというiPhoneと並べてもらった

■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune
マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune マウスコンピューター/G-Tune