このページの本文へ

ここが変わったWindows 10 ― 第53回

特別なアプリやウェブサービスに頼る必要無用

Windows 10では、印刷機能から「PDFファイル」を生成できる

2015年06月17日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月17日、Windows公式ブログ上で開発中の次期OS「Windows 10」の販売開始時期を2015年夏とし、世界190ヵ国・111言語でリリースすると発表し、6月1日、ついに公式ブログ上で「7月29日」からアップグレード開始と公表された。Windows 8.1の後継OSとして、いろいろな機能のブラッシュアップが行われている。

 この連載ではプレビュー版の「Windows 10 Insider Preview」を利用し、Windows 10の新機能の紹介、解説をする。

メニューから「印刷」を選ぶか、Ctrl+Pキーを押す

 Windows 10では、標準でPDFファイルを作成できる機能が搭載された。マルチデバイスでも正確に表示できるPDFファイルはビジネスで重宝されている。いろいろなアプリがPDF作成機能を備えているものの、プリンター機能として用意されているので、あらゆるアプリで利用できるのが便利だ。

 印刷メニューから、印刷するプリンターを「Print as a PDF」に指定すればいい。印刷を実行するとドキュメントフォルダにPDFファイルが作成される。ファイル名はウィンドウのタイトル名になるようだ。写真ならファイル名、ブラウザならウェブサイト名が付けられる。


 印刷ダイアログが出るので、プリンターから「Print as a PDF」を選択する


 「印刷」をクリックすると、PDFファイルが作成される


 PDFファイルを読み込んだところ。画面に表示されていなかった部分のページもすべてPDF化されている


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART