このページの本文へ

ただし何らかの救済措置あり?

Windows 10、海賊版は無償アップグレードの対象外に

2015年05月18日 14時50分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Windows 10」の一年間無償アップグレードは海賊版非対応に

 米マイクロソフトは現地時間5月15日、次期OS「Windows 10」の一年間無償アップグレードは、正規ライセンスを取得したWindows 7およびWindows 8.1を対象に実施すると発表した。公式ブログで明らかにしたもの。

 これまで、ライセンスを正しく取得していない海賊版Windowsが無償アップグレードの対象となる見込みであることが一部海外メディアにより報じられていたが、正式に否定された形だ。

 これによりすべての非正規ライセンス版は無償アップグレードの対象外となるが、意図せず海賊版を購入、利用してしまっているユーザーのアップグレードについて、ブログでは「OEMパートナーとの連携による非常に魅力的なライセンスの提供を予定」しているとし、何らかの措置に含みを持たせた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン