このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第406回

パナのハイエンドデジカメ「FZ1000」で撮る初夏の猫

2015年05月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
緋毛氈の上で気持ちよさそうに寝てるキジトラ。毛並みもきれいで見るからに優雅。人気者でありました(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000)
緋毛氈の上で気持ちよさそうに寝てるキジトラ。毛並みもきれいで見るからに優雅。人気者でありました(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000)

 よく晴れた春の日。いやすでに初夏の汗ばみ。ちょいと大量に撮影する仕事があり、カメラを抱えて観光地に撮影に出かけたのだが、どうもテンションが上がらない。そうだ、今日はまだ猫に出会ってないからだ。

 不思議なもので、出会えない日はすぐそこにいる猫にも出会えない。猫がいないわけじゃない。猫が私の視界の外に立ち回るのだ。そういうことはよくある。

 そういう日に限って、最初の1匹と出会うと、立て続けにあれよあれよと、それまでがウソのように遭遇しはじめる。

 面白いものですな。

 今日のきっかけ猫はこいつ(冒頭写真)。

 優雅に寝てました。もう優雅すぎて何をかいわんや。甘味屋さんの木のベンチにかけられた赤い布の上で気持ちよさそうに寝てる。これ、緋毛氈(ひもうせん)という。

 全体像はこんな感じ。

赤い傘を背景に、優雅に寝てる猫。テラス席が満席になる日でもない(何しろ、平日なのだ)ので安心して眠れるようだ。寝心地よさそうだし(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000) 赤い傘を背景に、優雅に寝てる猫。テラス席が満席になる日でもない(何しろ、平日なのだ)ので安心して眠れるようだ。寝心地よさそうだし(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000)

 これはたまらんですな。

 私がこの姿を撮ってると、他の観光客も気づいたようで、いきなりスマホで撮影大会。もうすっかり慣れている様子。観光地猫の鏡ですな。

なんてことない平日なのに、夏休みでも春休みでもないシーズンなのに、GWもとっくに終わってるのに、観光客が大勢いてびっくり。まあ人がいっぱいいたら猫もなかなか顔をだしませんわな。こいつは別にして(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000)
なんてことない平日なのに、夏休みでも春休みでもないシーズンなのに、GWもとっくに終わってるのに、観光客が大勢いてびっくり。まあ人がいっぱいいたら猫もなかなか顔をだしませんわな。こいつは別にして(2015年5月 パナソニック DMC-FZ1000)

(次ページに続く、「ちょこんと座る猫の前に屈強な男たちが……

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART