このページの本文へ

TSUTAYAとフリービットの合弁、「TONE mobile」5月5日開始

2015年04月30日 15時55分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)とフリービットの合弁によるトーンモバイルは、“Tのスマホ”とうたう、ドコモMVNOの格安スマホ「TONE」を5月5日に始動する。

 TONEは、それまで「freebit mobile」ブランドで提供されていた5.5型液晶搭載スマホを新たにカスタマイズした端末と格安SIMのセットを、SHIBUYA TSUTAYAから始まり、TSUTAYA12店舗と直営店4店舗で展開予定だ。

 TONEならではの特徴としては、200円につき1ポイントのTポイントが貯まり、またTポイントでの料金支払いも可能なほか、CD/DVD各1枚を毎月無料レンタル可能、CD/DVDレンタル時のTポイントが10倍になる(10月末まで)などのキャンペーンが展開される。

 また、スマホに詳しくないユーザーや家族で手軽に使えるという点もアピールしており、CDから音楽を直接スマホに取り込むドライブのセット販売、「ONE」と名付けられた総合ファイル管理アプリとそのONEからの写真プリント、「TONE Family」という子供や高齢者向けのスマホ管理アプリ、IP電話アプリで「104」をダイヤルするだけで近隣のTSUTAYAや飲食店、宿泊施設などを検索できるなどの独自機能を用意している。

 料金面ではシンプルさを追求し、税抜月1000円の料金に1本化。この料金では500~600kbps程度のデータ通信、IP電話などの基本機能が利用できる。またオプション追加で、070/080/090の電話番号による音声通話機能(税抜月953円)、高速通信(1GBあたり税抜300円)なども可能。

 端末の「TONE」は5.5型液晶(540×960ドット)と1.3GHzのクアッドコアCPUを搭載した、3G対応(LTE非対応)スマホ。メモリーは1GB、ストレージは4GB。価格は税抜2万4000円で、税抜月1000円×24回の分割払いも可能。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART