このページの本文へ

Ingressは矢印がパックマン、ポータルがオバケに

GoogleマップとIngress「パックマン」仕様に、マップ上で実際に遊べるぞ!

2015年04月01日 13時22分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Googleマップで「パックマン」がプレイできる

 グーグルは4月1日、Googleマップで「パックマン」が遊べるゲームと、パックマン仕様になったiOS/Android版の「Ingress」を公開した。これは毎年恒例のエイプリルフールネタによるもの。2014年は「ポケモンチャレンジ」だったが、今年はパックマンとなった。

 Googleマップでは、左下に表示されるアイコンをクリックすると、表示していたマップがフィールドとなり、パックマンがプレイできる。通常のパックマンと同じように遊べるほか、表示する場所を変えるとフィールドが変わるので、様々な場所を表示してプレイしてみて欲しい。なお、パックマンがプレイできるのはブラウザー版のみとなっている。

表示するマップを変更するとパックマンのフィールドも変化する

 Ingressでは、アプリを起動するとプレーヤーを示す矢印がパックマン、ポータルもオバケになっている。ポータルのオバケはカラーが緑か青、中立の場合はパワークッキー取得状態の白色オバケを採用。サウンドもパックマン仕様になっている。

Ingressではプレーヤーを示す矢印がパックマン、ポータルもオバケに

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン