このページの本文へ

なんと9000円切り! 激安の中華Windows 8.1タブレット

2015年03月27日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アキバで人気の格安タブレットが安値更新。なんと8980円で買える中国Ployerの「MOMO7W」が東映無線各店で販売中だ。

アキバの格安Windowsタブもついにここまで! 1万円切りの価格で購入できる「MOMO7W」の販売が始まった

 Windows 8.1 with Bing搭載の格安Windowsタブレットも、ついに1万円切りの領域に到達。これまで登場したモデルの中でも最安級で、主なスペックは解像度1024×600ドット、クアッドコアのIntel Atom Z3735G(1.33GHz/最大1.83GHz)、1GBメモリー、16GBストレージなど。ディスプレー解像度やメモリーは多少物足りないものの、抜群のコストパフォーマンスが魅力だ。

 ただし搭載OSは中文版のため、日本語環境で使用するには言語パックのダウンロードが必要な点には注意したい。また、海外ライセンスのOfficeソフトもテンポラリファイルとして格納されているものの、ショップでは「OSの言語変更やOfficeソフトについては保証対象外」としている。

 初心者向けにはややハードルが高いため、ある程度知識がある人向けの“遊べる”端末といったモデルかもしれない。

リアカメラは非搭載で、スペックも切り詰めた格安端末なりの仕様。手を伸ばしやすい価格だが、使いこなすにはある程度の知識も必要だ

 その他の仕様は、ネットワークがBluetoothと無線LANをサポート。加速度センサーやGPS、30万画素のフロントカメラなどを実装し、インターフェイスはmicroUSB、microSDスロット、miniHDMI、イヤホンジャックを備える。バッテリー容量は2500mAhだ。

 東映無線ラジオデパート店やテクノハウス東映をはじめ、アキバの東映無線各店で販売中。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART