このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

年に一度のアニメの祭典! 新作アニメ情報目白押しのAnimeJapan 2015開催中!

2015年03月22日 09時00分更新

文● MOVIEW 清水、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “アニメのすべてが、ここにある。”というキャッチフレーズで昨年から始まった、国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2015」。今年も、東京ビッグサイトにおいて3月21日と22日の2日間にわたって開催されている。

国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2015」が今年も開催された

 RED、GREEN、BLUEのイベントステージ、企業ブースなどを使い、この春終わる作品、この春から始まる作品、そして、これからが期待される新作アニメの情報が盛りだくさん。また、声優やスタッフが参加するイベントや、ゲームなどのアトラクションなども用意。もちろんここでしか買えないグッズを含む、即売会コーナーなどもあり、それを目当てに訪れる人も多い。

 小さなお子さんをお連れの家族向け・ファミリーアニメフェスタや、コスプレを楽しんだり、披露したりするコスプレーヤーズワールドも設置され、まさに、すべてのアニメファンのための大イベントだ。

今年のアニメのすべてがわかる!?
AnimeJapan 2015の一部をご紹介

 さまざまなブースに趣向を凝らした展示がなされているが、ここですべてを紹介することは難しい。そこで、注目すべき展示をピックアップしてみた。

キャラクターのスタンディーを中心とした展示はかなり多い。アニプレックスブースでは、桜とともに人気キャラクターをずらりと並べてお出迎え
今年3月にアニメとともに原作も完結する「四月は君の嘘」。アニプレックスブース内に設置されている虚淵玄氏がストーリー原案を担当し、現在2期が放映中のロボットアニメ「アルドノア・ゼロ」は、実際に座れるコクピットが用意されている
春アニメの目玉の一つ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 2ndシーズン」では、スタッフからのメッセージが飾られているほか、現在事前登録受付中のスマホタブレット用ゲームの案内も
同じく春から放送が開始となるノイタミナの「パンチライン」もアニプレックスの作品。「パンツを見たら、人類滅亡!?」というキャッチから、どのような話が展開されるのか、非常に気になる作品である作品数が多いアニプレックスからもう一作品。『ガンスリンガー ストラトス』はスクウェア・エニックスが原作、原案が虚淵玄というアーケードゲームを元にしたアニメ。ブースでは実機が展示されている
スタンディーとコスチュームを展示していたのはブシロードブースの「探偵歌劇 ミルキィホームズ TD」。こちらはもうすぐ最終回
「サマーウォーズ」、「おおかみこどもの雨と雪」で知られる、細田守監督の最新作「バケモノの子」はKADOKAWAブースに展示中。まだ詳細なストーリーが明かされず、全容は見えないが7月の公開に期待がかかる作品だそのKADOKAWAブースも数々のブランドカンパニーから多数のアニメ作品を紹介している
その中心となっているのが、今年30周年を迎える月刊ニュータイプ。創刊号で初公開となったガンダムMk-IIの表紙が懐かしい。新しいガンダムのデザインはまず月刊ニュータイプの表紙を飾るという時期もあったKADOKWAブースでは、各ブランドカンパニーのこれからの作品も紹介されており、夏以降も期待できる作品が満載
クオリティーの高い作品を毎クール提供しているA-1 Picturesのブースでは、クリエイター達のサイン色紙を展示。著名なクリエイターの色紙が見られる絶好の機会マーベラスブースにはこの春放送となる「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」を展示。各キャラクターを担当する声優のサイン入り
去年、キャラクターのスタンディーがずらりと並んだ「ガールフレンド(仮)」の展示がかなりインパクトがあったためか、今年は同じように数で押す作品がいくつかあった。こちらは「弱虫ペダル GRANDE ROAD」の展示。横にはこの作品とコラボした自転車の実物も展示されていた「血界戦線」の展示はスタンディーをただ並べているのではなく、キービジュアルと同じ配置にして、その遠近感を楽しめる展示になっている。作品自体は4月から放送予定で、豪華なキャストによる作品だ
同じくスタンディーによる展示をしていたのが「PSYCHO-PASS サイコパス」。担当されている声優のサイン入りその「PSYCHO-PASS サイコパス」ではシビュラゾーンを設けている。このついたての向こう側では、自身のサイコパスを測定することができる。執行対象になると逮捕される?
こちらはバンダムビジュアルブースの「ラブライブ!」の展示。スタンディーが並んでいるだけなのに、躍動感を感じるのが不思議だ子供にも人気の「ワールドトリガー」。キャラクターと同じ上着を着て、スタンディーと一緒に記念撮影ができる。家族連れにはいい記念になるのではないだろうか
こちらは作品のキャラクターをコラボさせたタイプのスタンディー。「THE iDOL M@STER シンデレラガールズ」とローソンとのコラボ。メインエリアに出展しているローソンでは飲食物を購入できる。休むときに、どうせならこうしたものを購入してみてはどうだろうか
AnimeJapanのブースでは、声優やスタッフによるトークやラジオの公開録音などを行なっているところもある。この写真はスターチャイルドとポニーキャニオン、それから牙狼のブース。今日もさまざまなトークショーなどが行なわれるので要チェックだ

次ページでは、AnimeJapanの展示では立体物を見るのも楽しみの1つ

前へ 1 2 3 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社