このページの本文へ

再び集結! 国内最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2014」が開催

2014年03月23日 01時16分更新

文● 太田/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
見事な春晴れでイベント日和となった「AnimeJapan 2014」

 毎年3月に開催していた「東京国際アニメフェア [TAF]」「アニメ コンテンツ エキスポ [ACE]」が合流。日本のアニメ産業、および、関連産業の発展と振興を目的とした新たなアニメイベント「AnimeJapan 2014」が22日に開幕した。会場は東京ビッグサイトの東1~6ホール。会期は23日まで予定しており、会期時間は会期時間:9:00~17:00(※最終入場は16:30まで)。

 東京国際アニメフェアとアニメコンテンツエキスポは2012年と2013年の2年間に渡り別々で開催されていた。それぞれで集客していたアニメファンが一同に集まることになり、AnimeJapan 2014の会場は多くの来場者が思い思いに新作アニメの最新情報やステージイベントなどを楽しんでいた。

ブースはどこも超満員! 入場整理も実施されていた
ローソンのブースでは、4月から放送が開始されるアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の壁紙を背景にノリノリに写真撮影に応じる外国人の姿も
ワーナーエンターテイメントジャパンのブースには、「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」の主人公の空条承太郎が実物大立像で待っているぞ
10社合併で1つになったKADOKAWAブースでは、メディアミックス作品を中心にアニメや原作情報を紹介していた
ソニーマーケティングのブースは、ヘッドマウントディスプレー「HMZ-T3」にヘッドトラッキングセンサーを搭載したカスタム機を紹介。「アイドルマスター」の「765プロ事務所」を全周囲視界で楽しめる!

 各出展社ブースでは、4月から始まる最新アニメのPVや7月以降でアニメになる作品の情報などを紹介。なかには、先日お伝えしていた「機動警察パトレイバー」の実写版映画の撮影で使用された全長8mの「イングラム」も駐機していた。

大きい! 先日豊洲のイベントでお披露目された「機動警察パトレイバー」の「イングラム」も駐機状態で展示!

 23日は最終日プラス連休最終日ということもあり、さらに多くの来場者が予想される。事前に飲み物を購入しておいたり、電車の場合は往復分の切符を購入しておくといった備をしておけば、よりイベントを楽しめるハズだ。

屋内エリアのほかに屋外エリアも用意されたコスプレ広場はASCII.jpではコンパニオンレポートをお届けする予定なので楽しみに待っていていただきたい!

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ