このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

UQの高速WiMAX 2+ルーター「W01」を酷使した結果

2015年03月01日 12時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

下り最大220Mbpsに対応のルーター
その実力を探るべく厳しい環境で使ってみた!

 1月に発売された、WiMAX 2+対応の新モバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」(W01)。キャリアアグリゲーションに対応したことで下り最大220Mbpsに今春から対応し、オプション(月額1005円、税別)にはなるが、auの4G LTE網も使える、まさにスピードとエリアの両方を求める人向けの端末だ。

 とはいえ、従来のWiMAXが使えない点、キャリアアグリゲーションによる下り最大220Mbps対応は周波数の切り替えが必要なため、1年程度をかけて順次展開されるという弱点もある。今回のテストではまだ下り最大110Mbps止まりというのを前提のうえ、人が多く集まるイベント会場、高層ビルの上などで現状のWiMAX 2+の実力を試してみた。なお、同条件で5回計測し、一番良かった数値を掲載している。

 速度テストの前に、まずは端末を紹介しよう。

今回のWiMAXルーターは横長になった
上下部分に必要最低限のインターフェースが集まっている
両サイドには何もなく、スッキリしたデザイン
スリムなので、ズボンのポケットに入れて持ち歩くことも可能。ただし、後ろのポケットは座るときに注意!
家で使うときはクレードルが便利。クレードルには有線LAN端子も装備されている

(次ページでは、「人が多いところや高層ビル内で速度調査!」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART