このページの本文へ

今だからこそいい音で楽しむカセット/MDの音

ティアック、カセットデッキおよびMDデッキを新発売

2015年02月27日 16時09分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CDレコーダー/カセットデッキ「AD-RW950」

 ティアックは2月26日、CDレコーダー/カセットデッキ「AD-RW950」およびCDプレーヤー/MDデッキ「MD-70CD」を発表、3月下旬に発売する。

 AD-RW950はCDレコーダーとカセットレコーダーを搭載。それぞれ独立して駆動され、CDの音をカセットに録音できるほか、カセットテープの音を音楽用CD-R/RWに記録することができる。

 CD部のAD/DA変換には24bit処理のコーデックを用い、ドライブ部はオーディオ専用ファームウェアを搭載するなどパソコン用ドライブではできなく曲間ギャップなしの連続録音が可能。アナログ入力、光デジタル入出力、同軸端子を搭載するなど各種機器と接続できる。本体サイズは幅435×奥行き295×高さ143mm、重量6kg。実売予想価格4万8600円前後。

CDプレーヤー/MDデッキ「MD-70D」 

 MD-70Dは、CDプレーヤーとMDレコーダーのコンボデッキ。それぞれ独立したCD出力/MD入出力が可能なほか、CDからMDへの4倍速ダビングなどコンボを活かした利用が可能。CDプレーヤーはオーディオCDだけでなくCD-R/RWのWAVファイルやMP3も再生できる。本体サイズは幅435×奥行き308×高さ100mm、重量4.8kg。実売予想価格8万9100円前後

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART