このページの本文へ

Officeのオープン化戦略、クラウドストレージパートナープログラムも立ち上げ

iOS版Officeアプリ、iCloud/Box上のファイルも直接編集可能に

2015年02月19日 09時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マイクロソフトは2月17日(米国時間)、「Word」や「Excel」といったiOS版のOfficeアプリから、「iCloud Drive」や「Box」上に保存されているOfficeドキュメントを直接開き、編集し、保存できるようになったことを発表した。

iOS版Officeアプリの「場所」メニューで、iCloudやBoxが選択可能になった(画像は公式ブログより)

 iOS版Officeアプリを最新版にアップデートし、「場所(Location)」メニューを開くと、選択肢としてiCloudやBoxが表示される(ただしiOS 8で、iCloudやBoxのアカウントをあらかじめ登録/有効にしておく必要がある)。

iOS版Officeアプリのアップデートで、オンラインストレージへの対応が強化されたExcelアプリからBox上のファイルを直接開くことが可能に

 iOS版Officeアプリでは、すでにマイクロソフト自身のオンラインストレージ「OneDrive」のほか「Dropbox」にネイティブ対応しており、ドキュメントを直接閲覧/編集/保存できる。今回は、この対応クラウドストレージが拡張されたもの。マイクロソフトOfficeチームの公式ブログによると、Android版、Windows 10版のOfficeアプリについても対応作業を進めているという。

 さらにマイクロソフトでは、Web版のOffice「Office Online」アプリを、さまざまなオンラインストレージサービスに対して提供していく方針も明らかにし、パートナープログラム(Cloud Storage Partner Program)の立ち上げを発表している。同プログラムにはすでにボックス、シトリックス、セールスフォースが参加している。

 なおボックスの発表によれば、BoxへのOffice Online統合は「2015年後半」を予定しているとのこと。

マイクロソフトとオンラインストレージパートナーとの協業により、さまざまなオンラインストレージ上で、ドキュメントをOffice Onlineで直接編集できるようになる見込み

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ