このページの本文へ

CES写真で見るAndroid高級コンデジ「LUMIX DMC-CM1」

2015年01月20日 18時12分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CESで展示されていた「LUMIX DMC-CM1」
CESで展示されていた「LUMIX DMC-CM1」

 20日にパナソニックから発表された、Android搭載デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」(関連記事)。予想実売価格12万円(税抜)となかなか高価ながら、台数限定(2000台)ということで注目しているユーザーも多いことだろう。

 筆者もぜひ触ってみたい……と思ってよく考えたら、2週間ほど前に閉幕した「2015 International CES」で触ってたことを思い出した。ということで、改めてその時の写真を掲載する。

本体を持って見たところ。15.2mmという薄さはすごい! レンズは35mm判換算で28mmの単焦点レンズを搭載。F2.8という明るさだ
本体を持って見たところ。15.2mmという薄さはすごい!レンズは35mm判換算で28mmの単焦点レンズを搭載。F2.8という明るさだ
撮像素子に1型(2010万画素)という大きなMOSセンサーを採用 レンズユニット。5群6枚の「LEICA DC ELMARIT」レンズを採用する
撮像素子に1型(2010万画素)という大きなMOSセンサーを採用レンズユニット。5群6枚の「LEICA DC ELMARIT」レンズを採用する
本体側面……上部かな? ボリュームと電源というAndroid端末らしいボタンが左側にあり、カメラ切り替えスイッチとシャッターボタンが右側にある
本体側面……上部かな? ボリュームと電源というAndroid端末らしいボタンが右側にあり、カメラ切り替えスイッチとシャッターボタンが左側にある
ホーム画面はAndroid端末そのもの。4K動画(15fps)の撮影が可能で、動画から静止画を抜き出す「4K Photo」などのアプリがある 撮影アプリの画面。ヒストグラムなどが表示されており、本格的だ
ホーム画面はAndroid端末そのもの。4K動画(15fps)の撮影が可能で、動画から静止画を抜き出す「4K Photo」などのアプリがある撮影アプリの画面。ヒストグラムなどが表示されており、本格的だ
レンズの周りにはコントロールリングを装備。露出補正やホワイトバランス、ISO感度設定が可能 レンズの周りにはコントロールリングを装備。露出補正やホワイトバランス、ISO感度設定が可能

 Android 4.4を搭載し、LTEやWCDMA、GSMの通信機能を備えるスマホ風の外観ながら、1型の大型センサーにLEICAレンズ、画像処理エンジンとして「ヴィーナスエンジン」まで詰め込んだ本格的なデジカメ。

 4.7型のフルHDモニターを装備し、RAW撮影も可能。感度設定はISO 125~12800だが、拡張機能によりISO 100とISO 25600の設定もできる。なお、本機はSIMロックフリー端末で、SIMカードはmicroSIMが必要となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART