このページの本文へ

Thermaltake「Core V21」

積み重ねて使えるキューブ型のPCケースがまもなく発売

2015年01月09日 23時38分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeから、ケース本体を積み重ねて使用できるキューブ型のPCケース「Core V21」(型番:CA-1D5-00S1WN-00)のサンプルが入荷、オリオスペックで展示中だ。

ケース本体を積み重ねて使用できるキューブ型のPCケース「Core V21」がThermaltakeから登場

 「Core V21」は、フロントメッシュデザインのMicroATX対応キューブ型PCケース。ユニークなのは、本体ケースをスタック(積み重ねて)して利用できる点。ケーストップ面とボトム面のパネルを外し、付属の専用ネジを使って上下にスタックすれば、サイズの大きなMicro ATX対応ケースになるというワケだ。これにより、大型のラジエーターが搭載可能となるほか、発熱するパーツを分けて搭載するなど、さまざまな活用ができるとしている。

1台のサイズは320(W)×424(D)×336(H)mm、重量6.5kg。Micro ATX対応のキューブ型PCケースだ
上下のスぺースを有効活用し、大型のラジエーターなども搭載可能となる

 主なスペックは、サイズが320(W)×424(D)×336(H)mm、重量6.5kg。ベイ数は、2.5/3.5インチシャドウベイ×3、2.5インチシャドウベイ×3。拡張スロットは5段で、ビデオカードは奥行350mm、電源ユニットは奥行200mm、CPUクーラーは全高185mmまでサポート。また冷却ファンは標準で200mmの大型モデルをフロントに1基備えている。

 発売は1月24日。予価は8480円(税抜)が予定されている。

冷却ファンやラジエーターは豊富に追加が可能。水冷システムにも向いたケースになっている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中