このページの本文へ

ジャックに繋ぐだけでiPhoneをリモート撮影できるリモコン

2014年10月23日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 繋ぐだけで簡単にiPhone・iPadのカメラシャッター操作ができる「パシャラボ リモートシャッター」がSmart Laboアトレ秋葉原で販売中だ。

カメラみたいなキュートなデザイン。iPhoneやiPadなどに接続すると、離れた場所からリモート撮影できるシャッターリモコンだ

 カメラのようなかわいいデザインが面白い、iPhone・iPad対応のシャッターリモコン。レシーバーを端末のイヤホンジャックに接続するだけで、面倒な設定なしにリモート撮影が可能になる。三脚やスタンドなどと組み合わせれば離れた場所からシャッターが押せるため、自分撮り以外に集合写真などの撮影にも役立つだろう。

 リモコンとレシーバーの通信には、家電リモコンと同様のIR(赤外線)を使用。最大2m(室内では最大6m)離れた場所からシャッター操作ができる。レシーバーは10秒操作がない場合に自動でスリープモードに移行する仕組みで、「1日10回程度撮影しても最大約1年間使用できる」(メーカー)という。

リモコンとレシーバーに分離する仕組みで、角型のレシーバーをイヤホンジャックに接続。カメラレンズのようなボタンを押すことでシャッターを切ることができる
アプリや接続設定不要という手軽さが魅力。なお、電源としてそれぞれにボタン電池を入れる必要がある

 電源は一般的なボタン電池「CR2032」で、リモコンとレシーバーにそれぞれ1つずつ使用。製品にもテスト用電池2個が標準で同梱される。なお、対応OSはiOS 5.0以降のカメラ搭載iOSデバイス。

 入荷したカラーはオレンジとホワイトの2色で、価格はそれぞれ2477円(税抜)だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART