このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

超高精細タブ・サムスン「GALAXY Tab S」は明日発売!

2014年07月31日 23時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

8月1日の発売を前にサムスンがローンチパーティーを開催!

 サムスン電子は、明日8月1日に同社の最新Androidタブレット「GALAXY Tab S」(Wi-Fi版)を2モデル発売するが、リリース直前の今日、都内でローンチパーティーを開催した。

 GALAXY Tab Sの高精細をデモンストレーションするため、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏とコラボし、ステージの背面は数万本の生花とその間に挟まれるようにGALAXY Tab Sが展示されていた。GALAXY Tab Sにも生花と同じ写真が映し出され、ホンモノにも劣らないほどの発色やコントラント比で一見全面が生花だと錯覚してしまうほど。

 また、ファッションモデルで女優の西山茉希さんも登壇し、自らが撮った料理の写真や初公開となる子供の写真などを披露、「自分は写真が下手だということがわかった(笑)」とコメントした。

フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏ファッションモデル兼女優の西山茉希さん
西山さんがGALAXY Tab Sで撮影した写真。料理が美味しそうに撮れている。赤ちゃん写真は初公開とのことだ

 なお、日本で発売されるGALAXY Tab SはWi-Fi版のみでLTE版は今のところ予定はなし。ラインナップは10.5型と8.4型の2種類でスペックはまったく同じだ。スペックは、CPUはオクタコア(1.9GHzクアッドコア+1.3GHzクアッドコア)、ディスプレーはスーパー有機EL(Super AMOLED)、解像度はWQXGA(2560×1600ドット)、メモリーは3GB、カメラはアウトが800万画素、インが210万画素、OSはAndroid 4.4とハイエンドだ。サイズと重量、バッテリー容量のみ違うが、好みに合わせて選ぶといいだろう。

 実売価格は8.4型が4万4800円、10.5型が5万9800円程度になる見込み。

GALAXY Tab Sをフォトレポ!

10.5型は映画などを観るのに適している。背面はGALAXY S5のような加工
薄さは6.6mmと世界最薄クラスを実現している。重さも10.5型で465gと驚異的な軽さ
サイドにはmicroSDカードのスロットやmicroUSB端子がある
インカメラは210万画素となかなかキレイホームボタンには指紋認証センサーが搭載されている
上部の黒い部分は赤外線センサーで、テレビリモコンアプリなどで利用するリアカメラは800万画素。起動やオートフォーカスが高速
8.4型との対比。スペックはまったく同じなので、どちらをチョイスするかは好みの問題だろう
スーパー有機ELディスプレーは高精細。黒をより黒く再現する

Side Syncや専用カバーが便利!

タブレットの中にスマホの画面を表示して、画像をドラッグ&ドロップで移動させたり電話を受けたりできる「Side Sync」。対応機種はGALAXY S4/S5、GALAXY Note3といったAndroid 4.4端末
GALAXY Tab S専用のカバー「純正Bookカバー」。背面の丸い部分にバチっとハメることで使えるようになる
用途に応じて、3段階に角度を変えることができる

(次ページでは、「8.4型もフォトレポート!」)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART