このページの本文へ

自動車などのコンソール、ウェアラブルデバイスなどデザインの幅が一気に広がる

シャープ、自在な形状に液晶を製造できる技術を開発

2014年06月18日 17時15分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「フリーフォームディスプレイ」試作モデル

 シャープは6月18日、液晶画面のデザインの自由度が飛躍的に向上した「フリーフォームディスプレイ」を開発したと発表した。

 液晶ディスプレーは高輝度・広視野角・高精細化・薄型化など付加価値が追求されるなか、シャープがIGZO技術の応用と回路設計手法を確立して新たに開発した新液晶技術。

自動車のコンソールやウェアラブルデバイスなどデザイン性の高いものに使えそうだ

 従来の液晶では表示領域の外周部にゲートドライバーと呼ばれる駆動用回路を配置する額縁構造であったため、四角形状が一般的だった。シャープでは、ゲートドライバーを表示領域内にある画素内に分散して配置、額縁を極めて細くするとともに表示領域にあわせた自由な形状のディスプレイを設計することが可能となる。

専用コンソールなど、SFチックな外観なモニタが登場しそうだ

 自動車のコンソールパネルとして利用することを想定したデザインの試作品が公開され、円形ディスプレーやウェアラブルデバイス、デジタルサイネージなどデザイン性の高い液晶ディスプレーを開発できるという。同社では、早期量産化に向け取り組むとしている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART