このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

開発者を勢いづけ、カメラ機能を強化し、Macにも波及効果を

WWDC 2014に見るアップルの3つの企み

2014年06月12日 11時00分更新

文● 林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

新ハード発表なしでも開発者は盛り上がり

 今年のWWDCの発表の感想は賛否両論が大きく分かれた。発表直後に取材を受ける予定だった番組のいくつかは新しいハードウェアの発表がなかったというだけで、あからさまに扱いを小さくしていた。一方で、エンジニア系の友人らの中には「これこそがWWDCだ」と喜んでいる方が少なくない。

 WWDCとは、Worldwide Developers Conferenceの略。少し前までは主にMac用のソフトや周辺機器を扱う開発者が集ってアップルの今後の方向性を学び、製品開発に必要な情報を得たり、パートナーを見つけたりする場だった。最近ではMacよりも圧倒的にiPhone/iPadなどiOS製品に関する情報の割合が多いが、その本質は変わっていない。

WWDCは、今回で25回目を迎えた

 だが今や、WWDCは、アップルが主催する唯一のオープンなイベントであり、その冒頭には基調講演も行なわれる。このためWWDCが近づいてくる度に、訪問者を増やして広告売り上げを稼ぎたい噂系サイトが次期iPhoneの噂や次期iPadの噂を集中的に流し、それに最近になってiPhoneを使い始めた方ばかりか、数年来のユーザー、さらには大手のメディアまでダマされ、「WWDCで新iPhoneが出るんですよね」という噂が勝手に一人歩きをし、予想通り発表されないと「新iPhoneが発表されなかった」「最近のアップルは勢いがない」「つまらない基調講演だった」と騒ぎ立てる。

 しかし、冷静にここ数年の歴史を振り返ってもらえれば、2013年のiPhone 5s/iPhone5cの発表は9月10日のApple Special Event、2012年のiPhone 5は9月12日、スティーブ・ジョブズの急逝で揺れていた2011年のiPhone 4sは10月4日と、いずれも新iPhoneの発表は9月頃に行なわれている。あくまでクリスマスを意識しているのか、電話会社の協力も必要だからかわからないが、iPhoneの発表スケジュールは意外と固定化されている。

iPhone 5s/iPhone5c発表は2013年9月10日、iPhone 5は2012年9月12日、iPhone 4sは2011年10月4日と、いずれも新iPhoneの発表は9月頃に行なわれている

 確かにWWDCの基調講演で新型iPhoneが発表されていた時期もあったが、それは2代目製品のiPhone 3G(2008年)、iPhone 3GS(2009年)、iPhone 4(2010年)の3回だけで、今ではすっかり秋リリースで落ち着いている。同様にiPadの新型もWWDCで発表された例はなく、1〜4世代目までは1月か3月。最新のiPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデルだけ10月だ。

iPadの新型もWWDCで発表されたことはなく、1〜4世代目までは1月か3月。最新のiPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデルだけ10月となっている

 一方で、アップルが新しいリストバンド型製品、「iWatch」を出すという噂もあったが、これについてはどうだろう。

 噂にあがっていたiWatchは、健康管理に使えるセンサーなども内蔵されるというものだったようだ。仮にそれが本当だとして、アップルがもっとデザインの優れたメッセージ送受信や通話の機能がついた活動量計(万歩計のようなもの)を出したとしよう。何が起こるか?

 これまでアップルに同様の製品を提供してきたNIKEやadidas、Jawbone、Fitbitといった会社のうち、アップル製品に負けない独自の特徴を誇る会社は勝負を続けてくれるかもしれないが、それ以外のほとんどの会社はアップルとの真っ向勝負を早々に諦めて、Android対応などに力を入れ始めることだろう。そうした事態を避けるためにも、アップルにとっては、まずはiWatchを発表するよりも何よりも、ヘルスケア系製品の開発者が今後もiPhone/iPad用の開発を続けたくなるような理由を与える必要があったのではないか。

 筆者はそれにあたるのがiOS 8の重要機能のひとつ、Healthアプリ(あるいは、その下に隠れている「HealthKit」という開発者向けの土台)ではないかと思っている。

健康管理系デバイスのための連携ライブラリー「HealthKit」

 この原稿では、すでに多くのレポート記事があがっているWWDC 2014での発表内容ひとつひとつを細かく解説するつもりはない。その代わりに、「Health」をはじめとする重要な新発表のいくつかに絞り、今後、世の中がどう変わりうるかに着目して紹介していきたい。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中