このページの本文へ

ファーウェイがSIMフリー端末本格参入! 第1弾はLTE対応「Ascend G6」

2014年05月30日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイ・ジャパンは、ここに来て盛り上がりを見せているMVNOによる格安SIMの動向に対応し、日本国内市場向けにSIMロックフリー端末を積極的に提供していくことを発表した。

第1弾となる「Ascend P6」。4.5型液晶で幅も約65mmとかなりコンパクトな端末だ

 6月下旬以降にLTE対応のAndroidスマートフォン「Ascend G6」を発売するほか、その後も同社のタブレット「MediaPad」シリーズ、ウェラブル端末「TalkBand B1」、さらに今年5月に発表したばかりの厚さ約6.5mmという薄型スマートフォン「Ascend P6」などを順次展開予定。

 まず第1弾となる「Ascend P6」は、4.5型液晶(540×960ドット)を搭載しながら、7.85mmという薄型ボディーが特徴の端末で、LTEにも対応。それでいて実売2万9800円(税抜、オープンプライス)という価格が魅力的。すでにビックカメラやエディオン、ノジマ、U-NEXTなど大手量販店、プロバイダーなどが、格安SIMとのセットでの販売も予告している。

 そのほかのスペックはCPUはクアッドコアのSnapdragon 400(MSM8926、1.2GHz)で、内蔵メモリーは1GB、ストレージは8GB、OSはAndroid 4.3。対応ネットワークはLTEはバンド1(2.1GHz)とバンド3(1.8GHz)、3Gは2.1GHz/800MHz。メインカメラである800万画素の裏面照射型センサーはソニー製と公表されている。インカメラも約500万画素と高精細で、広角88度/F値2.4というレンズを搭載する。

今後もさらにさまざまな端末が導入予定
今後の投入されているという端末を2月MWCで撮影した写真から紹介。まず左写真は7型ファブレット(!)である「MediaPad X1」、右写真は8型タブレットの「MediaPad M1」
Bluetoothヘッドセットにもなるウェラブル端末「TalkBand B1」
「Ascend G6」の主なスペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約65.3×131.2×7.85mm
重量 約115g
CPU Snapdragon 400(MSM8926)
1.2GHz(デュアルコア)
内蔵メモリー 1GB
内蔵ストレージ 8GB
OS Android 4.3
最大通信速度 下り最大150Mbps
対応ネットワーク LTE(2.1GHz/1.8GHz)、
W-CDMA(2.1GHz/800MHz)、
GSM(1900/1800/900/850MHz)
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約500万画素
バッテリー容量 2000mAh
NFC
連続待受時間 約370時間
連続通話時間 約720分

カテゴリートップへ