このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2014年度の注力領域は、MSP(Mobile Solution Platform)事業

日本通信、月額課金SIM事業の売り上げが前年比74.3%増に

2014年05月09日 15時30分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本通信は、2013年度連結業績を発表した。

 売上高は前年比18.4%増の46億6700万円、営業利益は101.9%増の7億2300万円、経常利益は101.9%増の7億0900万円、当期純利益は208.7%増の8億8100万円となった。

売上高は前年比18.4%増の46億6700万円、営業利益は101.9%増の7億2300万円、経常利益は101.9%増の7億0900万円、当期純利益は208.7%増の8億8100万円

 日本通信の福田尚久副社長は、「安売りをして、販売を伸ばすのではなく、まずはしっかりとした地盤を作ることを優先した。2013年度は差引売上総利益で54.0%と初めて50%を突破。これは業績の上で大きな意味がある数字になる」とした。

日本通信 代表取締役副社長 CFOの福田尚久氏

 流動資産では商品などの項目での増加が見られたが、これはイオン向けの端末調達費用によるもので、次期四半期には解消されるとしたほか、固定資産の中で無形固定資産が増加したのは、ソフトウェアへの開発投資の増加によるものだと説明。

バランスシート(連結)およびキャッシュフロー計算書(連結)

 事業別の売上高は、月額課金SIM事業が前年比74.3%増の23億8200万円、プリペイドSIM事業が15.8%減の9億9700万円、米国事業が18.4%増の3億6100万円、その他事業が8.0%減の9億9700万円となった。

事業別の売上高は、月額課金SIM事業が前年比74.3%増の23億8200万円、プリペイドSIM事業が15.8%減の9億9700万円、米国事業が18.4%増の3億6100万円

月額課金SIMの契約回線数は11万1343(2014年3月末)

 月額課金SIMは、2014年3月末の契約回線数が11万1343契約となり、前年3月末の6万362契約から大幅に拡大。第4四半期(2014年1月〜3月)の解約率は3.7%と低下した。平均月額売上単価は2175円となっている。「スマホ電話SIMの投入により、通話料金が増加したことで平均単価が上昇している。回線仕入れ価格の低下の動きもあり、今後もサービスレベルをあげ、顧客満足度をあげたい」とした。

月額課金SIMは、2014年3月末の契約回線数が11万1343契約。前年3月末の6万362契約から大幅に拡大した平均月額売上単価の推移

 なお、解約率については、1ヵ月以内の解約を含めたグロス解約率は16.0%となっている。福田副社長は、「他社からのキャッシュバックを得るため、わずか数日で解約するといったユーザーが多く、これらは解約率には含めていない。大手キャリアは、長期利用者から得た利益を使って、7万円も10万円も新規の顧客獲得のために支払うという構造となっており、ここに問題がある。監督官庁にも、そうしたことが起こらないように申し入れていく」と述べた。

月額課金SIMの回線数と解約率1ヵ月以内の解約を含めたグロス解約率は16.0%
■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART