このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東芝4Kパソコン徹底ロードテスト ― 第2回

開発用マシンとしての利用も

4Kノート「dynabook T954」はCore i7-4700HQとRadeon R9でパワフルに!

2014年05月09日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の「dynabook T954」東芝ダイレクトの直販モデルは「dynabook Satellite T954」)は、3840×2160ドットの4K液晶ディスプレーを搭載したハイスペックな15.6型ノートだ。CPUにはクアッドコアのCore i7-4700HQ(2.40GHz)を採用しているほか、DDR3L 8GBメモリーやGPUとしてAMD Radeon R9 M265Xを搭載するなど高性能なパーツで構成されている。今回は、ベンチマーク結果を交えながらマシンの基本性能について見てみよう。

3840×2160ドットの4Kディスプレーを採用した「dynabook T954」
おもなスペック
製品名dynabook Satellite T954/98L(直販モデル)
CPUCore i7-4700HQ(2.40GHz、最大3.40GHz)
メモリ8GB(4GB×2)
ディスプレー タッチ対応15.6型ディスプレー Ultra HD(4K) 3840×2160ドット
グラフィックスAMD Radeon R9 M265X
ストレージ1TBハイブリッドドライブ(HDD+NAND型フラッシュメモリ)
通信機能IEEE 802.11ac/a/b/g/n、1000BASE-T、Bluetooth 4.0
インターフェイスUSB 3.0×4、HDMI出力端子
光学式ドライブBlu-rayディスクドライブ(BDXL対応)
バッテリー駆動時間約3.6時間/JEITA2.0、約4時間/JEITA1.0
本体サイズ/重量約幅377.5×奥行244.0×高さ27.9mm/約2.4kg(内蔵バッテリー含む)
OSWindows 8.1 (64ビット)
OfficeOffice Home and Business 2013/なし


 

(次ページ、「高性能なクアッドコアCPUとミドルクラスのGPUを搭載」に続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

東芝ダイレクト

インテルバナー