このページの本文へ

コンパクトなPCではじめるPCハイレゾオーディオ第3回

ソニー「SRS-X9」やコルグ「DS-DAC-100」でDSDを再生する方法

2014年04月10日 12時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーのスピーカーやミニコンポを
USBスピーカーとして使う

Windows PCとソニー「SRS-X9」の組み合わせ。コンパクトなSRS-X9はUSBスピーカーとして机上に置いてもいいし、ワイヤレススピーカーとしてPCと離して置いてもかまわない
Windows PCとソニー「SRS-X9」の組み合わせ。コンパクトなSRS-X9はUSBスピーカーとして机上に置いてもいいし、ワイヤレススピーカーとしてPCと離して置いてもかまわない

 次いで、ソニーのワイヤレススピーカー「SRS-X9」とミニコンポ「MAP-S1」を使ってみる。どちらもUSB DAC機能を備えているので、まずはSRS-X9を例にしてUSBスピーカーとしての使い方を紹介しよう。

 Windows PCの場合、「Sony Audio Driver」をソニーのサポートサイトからダウンロードし、インストールしておく。Macの場合はドライバーインストールは不要だ。

「Sony Audio Driver」と「Hi-Res Audio Player」をダウンロードしてインストールする 「Hi-Res Audio Player」のメイン画面
「Sony Audio Driver」と「Hi-Res Audio Player」をダウンロードしてインストールする「Hi-Res Audio Player」のメイン画面
環境設定の画面でDSDをネイティブ再生するか、PCM変換で再生するかを選べる DSD音源を再生。画面右上に何のファイルを再生しているかが表示される
環境設定の画面でDSDをネイティブ再生するか、PCM変換で再生するかを選べるDSD音源を再生。画面右上に何のファイルを再生しているかが表示される

 Sony Audio Driverさえインストールされていれば、あとはカンタン。SRS-X9をPCとUSB接続し、入力モードを「USB」とすればいい。

 MAP-S1もほぼ同様の手順でUSB DACとして使用できる。DSD音源を再生したい場合は「Hi-Res Audio Player」(Mac版はこちら)をダウンロードしてインストールしておくといいだろう。

Windows PCとソニー「MAP-S1」の組み合わせ。ディスプレーをどこに置くかが問題だが……
Windows PCとソニー「MAP-S1」の組み合わせ。ディスプレーをどこに置くかが問題だが……
ここでは統合音楽管理ソフト「Media Go」を使用してみた 事前にSony Audio Driverをインストールしておけば、USB接続することでUSB DACとして使用できる
ここでは統合音楽管理ソフト「Media Go」を使用してみた事前にSony Audio Driverをインストールしておけば、USB接続することでUSB DACとして使用できる
背面のUSB端子にPCを接続 背面のUSB端子にPCを接続

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART