このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ビジネス極意、エクセルデータ分析のコツと手法 ― 第1回

ビッグデータにも応用できるExcelデータ分析の基本 1

Excelのピボットテーブルは必須のツール──住中先生の「ビジネス極意」

2014年04月09日 09時00分更新

文● 住中光夫/アスキー書籍編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビッグデータが個人にも利用できるようになりつつある昨今、1人の社員である営業担当者や企画担当者が問題解決や企画のタネとして売上データを分析することは、今や必須のビジネススキルです。

Image from Amazon.co.jp
ビジネス極意シリーズ エクセルデータ分析のコツと手法

 ここでは、KADOKAWA刊の『ビジネス極意シリーズ エクセルデータ分析のコツと手法』(住中光夫 著)から、Excelビジネスデータ分析の基本を全6回の連載形式で解説していきます。

さまざま視点で比較できる!
集計にはExcelのピボットテーブルを使え!

 第1回は、データ分析の基本となる「ピボットテーブル」の操作を解説します。ピボットテーブルとは、Excelの機能のひとつで「抽出」「分類」「並べ替え」「集計」「グラフ」の5つの機能を兼ね備えたBI(※1)ツールです。ピボットテーブルでは次のような流れで、ビジネスデータ分析を行います。


リスト形式の表 ピボットテーブルとピボットグラフ
1 Excel上やデータベースのデータリスト形式の表の元データ2 それらをさまざまな角度からL型マトリックス形式の表に集計 → 3 その表をピボットグラフでグラフ化して分析

※1 ビジネスインテリジェンス(BI)とは

ビジネスインテリジェンスとは、ビジネス活動のデータを「収集⇒蓄積⇒加工⇒分析⇒伝達」することを通じて、経営や業務の意思決定支援を行う「考え方・手法・技術」をまとめた総称です。略してBIと呼ばれ、この時に利用される分析ツールをBIツールと呼んでいます。ビジネスデータ分析はこのBIの1つの手法です。


■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事
最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ