このページの本文へ

Windows XPのサポート終了まであと少し!

日本マイクロソフト、「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」を開設

2014年03月03日 20時40分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
電話窓口でサポートを受けられるほか、専用Webサイトでもデータ移行の手順が紹介されている

 日本マイクロソフトは3月3日、「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」の開設を発表した。Windows XPを搭載したパソコンから、Windows 8.1およびOffice 2013搭載パソコンへ買い替えた人がサポート対象(Office 2013のプロダクトキーが必要)で、期間は3月3日から5月31日まで。

 Windows XPおよびOffice 2003は、4月9日にマイクロソフトによるサポート提供が終了する。終了後はセキュリティ更新プログラムが利用できなくなるため、マイクロソフトは最新版への移行を推奨している。

 「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」では、「最新パソコンへ買い替えたが、設定をどうしたら良いかわからない。あるいは古いパソコンから新しいパソコンへのデータの移行が不安であるなど、不明な点や不安を感じる部分について、このサポート窓口を通して、わかりやすくかつ具体的に説明する」という。サポート窓口の利用は無償で、何度でも利用できる。

 主なサポート内容は以下の通り。

  • Windows XP から Windows 8.1への環境およびデータ移行方法
  • Office 2013の初期設定及びデータ移行方法

 サポートの受付は、「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」専用電話窓口にて。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン