このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第343回

オリンパス「Stylus 1」で撮る雪の上を歩く猫

2014年02月21日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
猫は雪の上は嫌い。コンクリートが顔を出しているところを狙ってそーっと前足を出しているところが可愛い(2014年2月 オリンパス Stylus 1)
猫は雪の上は嫌い。コンクリートが顔を出しているところを狙ってそーっと前足を出しているところが可愛い(2014年2月 オリンパス Stylus 1)

 日本を大雪が襲った2日後、そういえば猫たちは元気だろうか……は建前で、本音では、あ、今日なら雪&猫の写真を撮れるかも、と思いつついつもの川原へ行ってみたのである。

 よく晴れて日陰や土の上以外はかなり溶けていたのだけれども、そんな中、ちょこんと座ってるミケ発見。

川原の猫。私と同じことを考えてる(つまり雪と猫の写真狙い)人もちらほら。右隅に写ってるおじさんがそう(2014年2月 オリンパス Stylus 1)
川原の猫。私と同じことを考えてる(つまり雪と猫の写真狙い)人もちらほら。右隅に写ってるおじさんがそう(2014年2月 オリンパス Stylus 1)

 雪の上にいるっぽいけど、たぶん、溶けてるとこを見計らってちょこんと座ってる。当然その場で撮影。

 雪は白くて明るいので、普通に撮ると暗めに写っちゃう。だからプラス1の補正をかけ、雪の残り具合がわかるよう、あまり望遠にしないで撮ってみた。

 ちなみに、犬は雪が降るとほんとに嬉しそうで、好んで雪の上を歩いたり、時には雪にダイブして身体をこすりつけたりするんだけど、猫はこたつで丸くなるのが基本だから、雪なんて大嫌いなのである。雪の上なんて歩きたくないのである。

 でも、いつもの移動ルートが雪で埋もれてる。

 どうするか。

 見てると、普段より慎重に歩いてる。

 いつもトトトトトッと歩くところも、そーっと大股で、よく見てると、ところどころ土やコンクリートが顔を出しているところを選んで足を置いてるのだ。

 冒頭写真がまさにそう。いつもより慎重に、雪を踏まなくて済むところを選んで歩こうとするのだ。ハチワレ猫の視線を追うと、一発でわかる。

 それがまた器用で面白いので、今回は「雪の上を歩く猫の姿」特集だ。

斜面を降りるハチワレ。よく見ると不自然に左後ろ足が大股になってるのがわかる。雪が溶けてる箇所を選んでるのだ。足先が白くて靴下みたいでよし(2014年2月 オリンパス Stylus 1)
斜面を降りるハチワレ。よく見ると不自然に左後ろ足が大股になってるのがわかる。雪が溶けてる箇所を選んでるのだ。足先が白くて靴下みたいでよし(2014年2月 オリンパス Stylus 1)

 冒頭写真と同じハチワレが、護岸された土手を降りる姿をよく見ると、いつもより後ろ足が大股で、なぜだろうと凝視すると、巧妙に雪がないところに足を運ぼうとしてるのだ。

 だから大股だったのである。さすが猫、器用なもんである。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART