このページの本文へ

ZTEのFirefox OS搭載スマホ「ZTE Open」がアキバに初登場!

2013年12月05日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZTEがグローバルで販売しているFirefox OS搭載スマートフォン「ZTE Open」がJan-gle3号店に入荷している。中古扱いの一品物なため、興味のあるガジェットマニアは急いだ方がよさそうだ。

手のひらに収まる3.5型のFirefox OSスマホ「ZTE Open」がアキバ店頭に登場。優良中古の一品物という、激レア端末だ

 ZTE Openは、ZTEが主に中南米など新興国向けにデビューさせたFirefox OS搭載の商用スマートフォン。以前にもFirefox OS搭載端末としては開発者向けの「Keon」が店頭に入荷したが、今回も中古扱いという登場となった。現在はeBay(US/UK)で注文して国内向けに発送してもらうことも可能になった(関連記事)ものの、店頭で出くわす機会はほとんどないと言っていい。

Firefoxのコーポレートカラーでもある、オレンジ色のコンパクトな筐体。背面には300万画素のカメラを搭載、側面には電源・ボリュームボタンが並ぶ

 スペックはターゲットが新興国とあって、CPUがシングルコアQualcomm「Snapdragon MSM7225A」、256MBメモリー、内蔵512MBストレージと、ローエンド仕様にまとめられている。ディスプレーは3.5型HVGA液晶(320×480ドット)を搭載。SIMロックフリーで通信方式はGSM 850/900/1800/1900MHz、UMTS 900/2100MHzをサポートしている。

 本端末は、Firefox OSのソースコードをカスタマイズして独自ビルドのOSに置き換えできる「fastboot」に対応しているのもトピック。未だに触れる機会の少ないFirefox OSをいじり倒せるチャンス、気になる人は店頭へ足を運んでみよう。Jan-gle3号店にて、1万5000円で販売中だ。

インターフェースはmicroUSB、イヤホンジャックなど。microSDスロットはバッテリー裏側にSIMスロットと並んで搭載されていた

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART