このページの本文へ

アマゾン、紙より早く電子版で本を入手できるサービス

2013年11月05日 05時30分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 紙の書籍を購入すると、同じタイトルの電子書籍版も無料もしくは割安価格で購入できるサービス「キンドル・マッチブック(Kindle MatchBook)」の提供を10月末から開始したばかりの米アマゾン。11月に入ると新たに、紙よりも早く電子書籍版を入手できるサービス「キンドル・ファースト(Kindle First)」を発表した。

 同サービスの対象となるのは、同社子会社の出版社アマゾン・パブリッシング(Amazon Publishing)が発行する書籍。毎月、編集スタッフが対象タイトルを選定し、ユーザーは紙の書籍が発売される前月に電子書籍版を入手可能。価格は1.99ドルで、アマゾンプライム会員は無料となる。ユーザーは、先行入手できる書籍情報を電子メールで毎月受け取ることもできる。

 電子書籍で小説やコミックなどをエピソード(1話/1章など)ずつ連載形式で購読できる「キンドル・シリアルズ(Kindle Serials)」(日本でも「Kindle連載」として10月25日からサービス開始)をはじめ、さまざまな書籍サービスを展開するアマゾン。月刊「アスキークラウド」創刊準備号(4月24日発売)ではアマゾンのビジネス戦略を記事にまとめているが、アマゾンにより、書籍とのかかわり方は常に進化している。

米アマゾンの「Kindle First」公式サイト

米アマゾンの「Kindle First」公式サイト

関連サイト
■米アマゾンのプレスリリース

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています
■アスキークラウド 創刊4号(10月24日発売)
「ゲームの魔力で顧客を夢中に 「没頭」ビジネスの正体」

■アスキークラウド 創刊準備号(4月24日発売)
「Amazon 翌日配達を発想する『利益無視』経営」

■アマゾン、本を買うと電子書籍も安く入手できるサービス開始
■小説やコミックの電子書籍を連載で読める「Kindle連載」
■アマゾン外のECサイトでもアマゾン払いできる新サービス

カテゴリートップへ

ピックアップ