このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Surface 2/Surface Pro 2が販売開始!

2013年10月25日 21時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2013年10月25日から、日本マイクロソフトのSurface 2およびSurface Pro 2の販売が開始された。

 午前11時には、東京・有楽町のビックカメラ有楽町店に、日本マイクロソフトの樋口泰行社長が訪れ、販売の様子を視察した。

ビックカメラ有楽町店には「本日発売!!」の看板を設置
25日午前11時に、ビックカメラ有楽町店を訪れた日本マイクロソフトの樋口泰行社長(右)、樋口社長を迎えたビックカメラ塚本智明執行役員(左)

予約状況も好調

 樋口社長は、「待ちに待った日。今日の発売を楽しみにしていた。初日から展示コーナーが設置されており、予約状況も好調だと聞いている。ボーナスで買いたい商品のナンバーワンがPC。なかには、PCを購入しようか、タブレットを購入しようかと迷っている人もいるが、そうした人に最適なのがSurface。投資対効果が高い製品として自信を持っている。

1階のSurfaceコーナーで取材に対応する、日本マイクロソフトの樋口泰行社長とビックカメラ塚本智明執行役員

Surface—タブレットとPCの境目がなくなる世界の出発点

Surfaceを手にその特徴をアピールする樋口社長。「ぜひ買ってください」と呼びかけた

 タブレットとPCの境目がなくなるという世界がこれからやってくるが、その出発点になるのがSurfaceだともいえる。そうした中で、新製品をタイミングよく出せたと考えている。ビックカメラには、認定アドバイザーとしてトレーニングを受けてもらった店員が1000人以上おり、Surfaceを売る力を最も持った販売店である。Windows XPのサポート終了や消費増税の動きもあり、年末商戦はPC、タブレットの需要が最大限になるだろう。注目してもらいたい」とした。

 さらに、「販売目標については明らかにはできないが、かなり高いハードルの販売目標を掲げている。この目標を達成していくことが成功につながる。展示スペースも広がっているほか、さらにビックカメラでも12店舗(そのうち都内では8店舗)で、Windowsエリアを設置するといった動きもある。

 Windows 8.1を搭載し、本体、キーボード、アクセサリーのすべてがパワーアップしている。テレビCMや交通広告もこれまで以上のものとなり、表参道のジャックや期間限定のショールーム開設もあり、総合力で訴求できる。かなり販売が伸びると期待している」と述べた。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン