このページの本文へ

8.9型の「Kindle Fire HDX」発表! LTE版もあり!

2013年09月25日 20時44分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazon.comは、Androidベースの独自OS「Fire OS 3.0」を採用したタブレット「Kindle Fire HDX」と、「Kindle Fire HD」のニューモデルを発表した。「HDX」はディスプレーサイズが7型(1920×1200ドット、323ppi)と8.9型(2560×1600ドット、339ppi)の2モデルラインナップされている。

 価格は、Kindle Fire HDX 7型モデルは10月18日発売で229ドル、11月14日発売のLTE版が329ドル。Kindle Fire HDX 8.9型は11月7日発売で379ドル、LTE版は12月10日発売で479ドル。新しいKindle Fire HDは10月2日発売で139ドルだ

 スペックを見ていくとKindle Fire HDXは両モデルとも2.2GHz動作のクアッドコアCPUを搭載。メモリーは2GB、内蔵ストレージは16、32、64GBを揃える。サイズは7型が128×186×9.0mmでWi-Fi版が303gにLTE版が311g、8.9型が158×231×7.8mmでWi-Fi版が374gにLTE版が384g。

 新Kindle Fireのスペックは7型モデルがリニューアルされ1280×800ドット(216 ppi)、1.5GHz動作のデュアルコアCPU、メモリー1GB、内蔵ストレージが8、16GB、サイズは128×191×10.6 mm、重さ345gとエントリーモデルになっている。

 日本での導入は現時点では発表されていない。

Amazon.comにあるスペック比較シート

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART