このページの本文へ

ソニーの最強スマホ「Xperia Z1」海外版が早くも発売!

2013年09月21日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニーモバイルの新しいフラッグシップスマートフォン「Xperia Z1」(型番:C6903)の海外モデルが早くもアキバ店頭に入荷した。Jan-gle秋葉原本店と同3号店にて販売が始まっている。カラーはブラックとホワイトの2色だ。

ソニーモバイルが海外で販売を開始したばかりの新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z1」が登場。在庫数は少量のため、争奪戦は必至だ

 Xperia Z1は、同社が「IFA 2013」で発表し、海外でも販売が始まったばかりの新フラッグシップスマートフォン。5型のフルHD液晶ディスプレーにQualcommの最新クアッドコアCPU「Snapdragon 800」(2.2GHz)を搭載するハイスペックが魅力だ。“オムニバランスデザイン”のボディーを採用、IPX5/8、IP5Xに対応する防水・防塵スマートフォンでもある。

 ディスプレーはソニー独自の超解像技術「X-Reality for mobile」を採用する「トリルミナス ディスプレイ for mobile」を搭載。さらに背面には、デジタル8倍ズームを誇る「BIONZ for mobile」エンジン採用の2070万画素カメラを備えるなど、フラッグシップに相応しい最強クラスの装備が盛り込まれている。

 日本市場には今秋以降に登場する予定だが、最新機種をいち早く使いたい人やSIMロックフリー仕様に魅力を感じる人は要チェックだ。

入荷したカラーはブラックとホワイトの2色。フラッグシップに相応しい装備が満載で、背面には2070万画素の高性能カメラを搭載する
“オムニバランスデザイン”を採用する防水・防塵仕様スマートフォン。電源ボタンのデザインなどは昨今のXperiaシリーズを継承している

 OSはAndroid 4.2で、メモリー2GB、ストレージ容量16GB。外部メモリーは最大64GBのmicroSDXCカードに対応する。通信機能はBluetooth 4.0、NFC、IEEE 802.11a/b/g/n/acの無線LANをサポート。通信規格はGSM GPRS/EDGE、UMTS HSPA+、LTEに対応している。なお、詳しい仕様はこちらを参照していただきたい。

 Jan-gle各店にて8万9800円で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART