このページの本文へ

9月18日までのキャンペーン価格で900円

マップルのiPhoneカーナビアプリは熊本でくまモンが!

2013年09月04日 18時56分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneカーナビ「マップルK」は
くまモンとコラボレーション

 主にカーナビ内のソフトウェアを企画・開発してきたキャンバスマップルが、カーナビアプリの第2弾をリリースした。2012年6月に登場した「マップルナビS」のブラッシュアップ版で、「マップルナビK」という名称になる。Kとは、Kirei(きれい)、Kawaii(カワイイ)、Kokorozuyoi(こころづよい)の3つのKに由来している。

マップルナビ K App
価格900円 作者MAPPLE ON, Co., Ltd.
バージョン1.3.0 ファイル容量1714.5 MB
カテゴリーナビゲーション 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

 マップルナビKのリリースを記念して、9月18日までは本来1400円のところ900円で購入できるキャンペーンも実施する。2014年の春データまで、無料で2回まで地図データの更新ができる。

冒頭の挨拶をした昭文社 取締役 内田次郎氏製品のプレゼンを担当したキャンバスマップル 代表取締役社長 山本幸裕氏
マップルナビKを使って山手線一周のデモを行なった キャンバスマップル ナビ統括部 次長 広瀬浩司氏

 今回の進化のポイントは地図の高速描写だ。昭文社の地図「スーパーマップル」と同じデータを地図データ使用する「マップルナビK」は、iPhone内にすべてダウンロードするので、電波がない場所でも地図が途切れないうえに、高速な描画処理を実現するOpen GL ESを採用し、キレイと速いを両立させたという。カーナビやPNDでありがちなカクカクしたスクロールではなく、スマホの地図アプリのようにサクサクヌルヌル動く。発表会で行なわれたデモンストレーションでは、山手線を一周させるのに何秒かかるのかといった実験をしたが、Apple純正のマップ、Googleマップを上回る速度で1周していた。

地図はスッキリしているので視認性がいい。タッチパネルに最適化されていることもあり、画面もサクサクと動いて気持ちいい

 また、昭文社の地域振興活動の第一弾として、熊本県のゆるキャラ「くまモン」とコラボレーション。熊本県内に入ると、自車アイコンが自動的にくまモンに変化するなど、かわいいギミックが仕掛けられている。

熊本に入ると、メニューやアイコンがガラっとくまモン仕様にかわる
イラストをよく見ると、カラシレンコンをはじめ、熊本県の特産品になっている

 いざというときに心強い「帰宅支援モード」も搭載された。これは、災害時に徒歩で帰ることになった場合、どのルートを通れば安全か、どこに避難所や救援スポットがあるのかなどを案内してくれるもので、見やすいアコンで危険地帯や水場などを教えてくれるなど、転ばぬ先の杖として役立つ機能である。

帰宅支援マップは東名阪エリアを中心に収録されている
アイコンはシンプルで、ひと目見ただけで何かわかりやすく作られている
目的地までの直線距離なども表示してくれる

 地図データは2013年春バージョンと新しいので、カーナビアプリを探している場合は候補のひとつにいかがだろうか?

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中