このページの本文へ

世界の自動車メーカーが対応を表明

アップル、iPhoneを車で安全・快適に使う「CarPlay」を発表

2014年03月03日 18時26分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
車載ナビやマルチコントローラーとiPhoneがリンクするCarPlay

 アップルは3月3日、ジュネーブで開催されるモーターショーに合わせてiPhoneを車内で快適・安全に使うためのアプリとソリューションである「CarPlay」を発表した。

音声通話やボイスメール、メールなどもハンドルから手を話さずに再生/読み上げ/音声入力が可能という

 CarPlayはマップや音楽プレーヤ、メール、通話といった機能を統合化したアプリ。iPhoneやスマホのさまざまな操作を行って運転や周囲への注意がおろそかになることを避けるため、Siriによる音声コマンドや最小限のタッチ操作で多くの機能にアクセスできるようになっている。また、車に搭載されたナビやマルチコントローラーとリンクして各種情報を車載ディスプレイに表示、ハンドル上のボイスコントロールボタンを押しながら発話すればSiriへコマンドが送れるなど、車載機器とのコミュニケーション機能が重視されている。

音楽プレーヤは車載音楽システムと連携し、iPhone内のオーディオファイルやポッドキャスト/インターネットラジオを楽しめる

 CarPlayは世界中の多くの自動車メーカーが対応を表明しており、フェラーリ、メルセデス・ベンツ、ボルボがCarPlay対応車種を今週発表するほか、トヨタやホンダ、日産、スズキ、富士重工といった国内メーカー、フォード、GM、BMW、現代、起亜、プジョーシトロエンなどの世界中のメーカーが対応車を発売する予定という。

ナビゲーション機能も車載ナビと強力な連携機能を持つという

 音声通話や電子メールの場合、Siriへのコマンドで連絡先にアクセスして、電話をかけたり不在着信があった相手に返信やボイスメールを聞くといった操作が簡単に行えるほか、ドライバーが口頭で話したメッセージを書き取ってメールの返事を作成・送信する。

電話に関してもシンプルな画面と操作でハンズフリー通話前提となっているようだ

 マップとの連動も強化され、連絡先やメールなどから推測した最近の立ち寄り先から行き先を予測、案内を直感的に分かりやすく表示、予想到達時間などを表示。iPhoneディスプレイの表示だけなく、車載ナビ装置のディスプレイに行き先やルートを指示するという。

 CarPlayはiOS7のアップデートとして提供され、iPhone 5s/5c/5などLightningケーブル対応のiPhoneで利用可能。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART