このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

片手で持てちゃうサイズのスゴいPC「NUC」を知ってるか!? ― 第1回

ベアボーンキットに3つのパーツを組み込むだけのお手軽設計

手のひらサイズのPCがわずか5分で完成する「NUC」

2013年09月04日 12時00分更新

文● 三田沢カケル 写真●篠原孝志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まずはNUCとはなんなのかを知る

 2011年11月に登場したインテル「NUC」(Next Unit of Computing)のヒットによって、超小型のPCが手軽に作れるようになった。ベアボーンキットを買ってきて、SSDとメモリーを取り付けるだけというお手軽さはたちまち好評を博し、関連製品は飛ぶように売れた。NUCはパソコン自作の新たな地平を切り開いたといってよいだろう。また、同様のコンセプトを持つ「BRIX」がGIGABYTEから8月にはリリースされた。

 そこで今回の特集では再びヒットの兆しを見せているNUCに注目。その魅力を全3回にわたってお伝えしていきたい。

 NUCのもっとも際立った特徴は、そのサイズだ。インテルのベアボーン(DC33217IYE)の場合、ケース込みの状態では約12cmx12cm、厚さはおよそ4cmほど。片手で気軽に持てる大きさで、ちょっとしたスペースにも入ってしまう。チップセットには、ノートパソコンやUltrabookに使われているIntel QS77 Expressを採用。システムメモリーはSO-DIMMスロットを2基搭載。ストレージにはmSATA SSD用のスロットを1基、無線LANやBluetoothなどを増設できるハーフサイズのMini PCI Expressスロットを1基を、それぞれ装備している。超コンパクトだが、それなりにパワフル。これがNUCである。

 VESAマウンターを使えば液晶ディスプレーの背面に取り付けることも可能で、手軽にディスプレー一体型マシンを自作できるのだ。

VESAマウントアダプターで液晶ディスプレーの背面に取り付ければ、一体型パソコンの出来上がり設置場所を選ばない手のひらサイズの超小型PC自作キット、それがNUCだ

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン