このページの本文へ

スマホ先進国の韓国・シンガポールは普及率70%超

日本のスマホ普及率は25%――Google、世界のスマホ利用に関する調査結果を発表

2013年07月31日 20時18分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2011年から2013年の各国のスマートフォン普及率。日本は2年前の6%から25%にまで拡大した

 Googleは7月31日、Ipsos MediaCTと共同で2011年より実施しているスマートフォン利用に関する大規模調査「Our Mobile Planet」の2013年版を公開した。

 今回で3回目となる同調査では、調査対象国を26ヶ国から48ヶ国へと拡大した。これにより先進国だけでなく東南アジアや東ヨーロッパなどの国々との比較も可能になった。

 同社によれば、2年前にはわずか6%だった日本のスマートフォン普及率が、2013年は25%にまで増加した。一方、韓国(73%)やシンガポール(72%)では日本よりスマートフォンが広く普及しており、これらの国と比較すると、日本は依然として従来型の携帯電話が主流だといえる。

日本で、テレビを見ながらスマートフォンを使用すると答えた利用者は58%だった

 また、テレビ視聴時の同時利用率は58%と、スマートフォン先進国である米国(53%)、シンガポール(42%)、韓国(47%)よりも高い結果となった。ショッピング中のスマートフォン利用も活発で、約3人に1人(32%)がショッピング中の商品について品定めする際、スマートフォンを利用した経験があると答えたという。なお、他国の経験者は2割にとどまった。

 そのほか、有料アプリのインストール数が世界で最も多かったという(1人あたり平均11.5個)。次いで、香港(9.8個)、オーストラリア(7.5個)とアジア太平洋地域の国が上位を占めた。

ショッピング中のスマートフォン利用も活発。他国が2割台にとどまる中、日本のみ30%を超えている所有アプリを表したグラフ。有料アプリのインストール数が他国に比べ多いことがわかる

 これらのグラフの他、Our Mobile Planetでは条件を自由にカスタマイズしてデータを比較することが可能だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART