このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【月1000円SIM】IIJmio vs OCN、○と×をチェック

2013年07月14日 14時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 月500MBまで高速通信が使えるIIJmioに対し、1日30MBまでのOCN。そして速度制限時はともに200kbpsと、月1000円以下のデータ通信SIMで激しい争いをしている両社。普段から両製品を活用している筆者が、それぞれの特徴などについてチェックした。

IIJmioは月945円のSIMで月500MBまで速度制限が解除

月1000円以下データ通信SIMについてのまとめ
BB.exciteがIIJmio、OCN対抗プランをスタート

 まずは、各社の月1000円以下の格安データSIMについて、あらためてまとめよう。

  IIJmio ミニマムスタートプラン OCN モバイル エントリー d LTE 980 b-mobile スマートSIM 月額定額980 BB.exciteモバイルLTE LTE 500MBコース DTI Servers
Man SIM 3G 100
楽天ブロードバンド LTE 980円エントリープラン
ネットワーク Xi/FOMA Xi/FOMA Xi/FOMA Xi/FOMA FOMA Xi/FOMA
通信速度 200kbps
(月500MBまで制限解除)
200kbps
(1日30MBまで制限解除)
150kbps 200kbps
(月500MBまで制限解除)
100kbps 100kbps
(月200MBまで制限解除)
月額料金 945円 980円 980円 892円 490円 980円
初期費用 3150円 3150円 3150円 2100円※1 3150円 0円※2
SIMサイズ 標準
/microSIM
/nanoSIM
標準
/microSIM
/nanoSIM
標準
/microSIM
標準
/microSIM
/nanoSIM
標準
/microSIM
標準
/microSIM
制限解除
オプション
525円
/100MB
なし 525円
/100MB
1800円
/500MB
420円
/100MB
735円
/200MB
263円
/100MB
525円
/100MB
最低
利用期間
2ヵ月 なし なし 2ヵ月 なし 1ヵ月

※1:7月31日までのキャンペーン価格
※2:7月25日までのキャンペーン価格

 前回のまとめ(関連記事)からの新顔は、BB.exciteが提供する「BB.exciteモバイルLTE LTE500MBコース(SIM1枚)」。料金は月892円で、月500MBまで高速通信が可能。高速通信はオン/オフをウェブ上から切り替え可能で、オフ時も200kbps。初期費用も現在キャンペーン(7月31日まで)で2100円と抑えられており、IIJmioをターゲットとしたコースと言える。

IIJmioに真っ向から対抗するコース設定をしてきたBB.excite

 また表には加えていないが、家電量販店のビックカメラが提供する「BIC SIM(ミニマムスタートプラン)」も販売がスタートしている(関連記事)。実は中身はIIJmioによるサービスそのもので、月945円で500MBまで高速通信が可能であるなど、サービス内容は基本的に同じ(ただしnanoSIMは選べない)。ただし、BIC SIM独自の特典として、公衆無線LANサービスの「Wi2 300」が無料で利用できる。

ビックカメラで取り扱う「BIC SIM」は、中身はIIJmioそのものだ

高速通信時といっても
ドコモのXiと同じ速度が出るとは限らない

 それぞれ月500MB、1日30MBは高速通信が可能なIIJmioとOCNの格安データ通信SIMだが、現行のサービスがスタートしてしばらく経ったこともあり、あらためて速度を測定した。

 通常のドコモのXi契約SIMと比較した結果が以下のとおりだ。「RBB TODAY SPEED TEST」を用い、土曜夕方の東京都中野区の住宅街で、3回計測の平均値を掲載している。

通常のXi SIM IIJmio OCN
下り 上り 下り 上り 下り 上り
16.60Mbps 3.83Mbps 2.77Mbps 3.21Mbps 2.67Mbps 3.23Mbps

 テストに用いた「GALAXY S4」では電波は4本中4本。通常のXi契約のSIMでは15~20Mbps程度の速度が常に出る環境だったため、IIJmioとOCNのSIMではやや見劣りがする。とはいえ、ウェブの閲覧やクラウド上の画像表示などでは十分以上に快適。実用上の不満はほとんどない。ただ、通常のドコモのSIMと同じ速度が出るとは限らないと考えるべきだろう。

ドコモ契約IIJmioOCN

 なお、速度制限時(200kbps)はIIJmioとOCNで、速度はともに200kbps強、実用上も大差がない。ウェブを閲覧するのも多少我慢すればいい程度で、ネットラジオやVoIPもほぼ問題なく利用できるのも基本的に同じだ。

 次ページではIIJmioとOCNのそれぞれの特徴の違いについて、見ていこう。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART