このページの本文へ

グーグルが定額制音楽配信サービスを開始

2013年05月16日 16時00分更新

大木信景(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米グーグルの開発者向けカンファレンス「Google I/O」が現地時間15日にサンフランシスコで開幕した。その初日の基調講演の中で、定額制の音楽配信サービス「Google Play Music All Access」が発表された。

 「Google Play Music All Access」は、楽曲ごとのダウンロード購入ではなく、月額定額制で音楽が聞き放題となるストリーミングサービス。グーグルの持つ数百万曲にのぼる音楽ライブラリが、PCやAndroid搭載スマートフォン、タブレットで再生できる。料金は月額9.99ドルで、現時点ではアメリカ国内のみのサービス提供となっているが、今後ほかの地域でも順次提供予定となっている。
 
 利用できる機能は、ジャンルやアーティスト、曲名による検索だけでなく、好きなアーティストの曲を連続再生することも可能。グーグルからの「おすすめ」紹介もある。また、グーグル上のライブラリに、自分のライブラリから最大20,000曲を無料で追加保存でき、Android端末やウェブですぐにアクセスできる。
 
 アップルの「iTunes」とは違う方式で、iTunesの対抗馬となるべく登場した「All Access」。アップルVSグーグルという図式に、また新たな要素が加わった。

■関連サイト

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ