このページの本文へ

目指せ王座奪還! 初音ミクGTプロジェクト2013 ― 第6回

【予選速報】悪天候に苦しめられるもミクZ4は6位に!

2013年04月07日 00時30分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真●加藤公丸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

暴風の中、ミクZ4は6番グリッドを獲得!

 「王座奪還」を目指して「GSR&Studie TeamUKYO」が挑戦する、SUPER GT 第1戦 岡山国際サーキットの予選が、4月6日、開催された。

 爆弾低気圧と称される荒天に苦しめられながらも、ミクZ4は善戦。今年から予選は2回のノックアウト方式というコンパクトなものに変わり、1回目の走行でベスト13が、2回目のタイムアタックで13台のグリッドが決定するレギュレーションになった。

 予選1回目は谷口選手が担当し、「1'48.521」で9位通過。このとき、路面コンディションの悪さから赤旗中断が多数。9位以上を目指してアタックしようとしたときに、再び赤旗中断になり、残り時間が3分を切っていたのもあって、1回目の走行は終了した。

 予選2回目は片岡選手が担当した。ひとつでも上の順位を目指してアタックする片岡選手だが、練習走行とは違うマシンのセットアップに変更したためか、タイヤもマシンも悪くないのに乗れていないという状況が続き、ベストタイムは「1'43.223」で、6位という結果に終わった。

 ブッチギリの速さを見せつけた#61 SUBARU BRZをはじめ、強敵が多い中、「良くもないが悪くもない順位」(鈴木代表談)で終われたのは明日の決勝戦を期待させる。秋葉原のグッドスマイル×カラオケの鉄人カフェでもパブリックビューイングが開催されるので、現地に来れない人も、グッ鉄カフェから声援を送ろう!(詳細はこちら


カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社