このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks ― 第106回

URLスキームはアプリの可能性を広げるか?

2013年03月01日 18時30分更新

文● 海上忍(@u_shinobuTELAS

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載「Apple Geeks」は、Apple製ハードウェア/ソフトウェア、またこれらの中核をなすOS X/iOSに関する解説を、余すことなくお贈りする連載です(連載目次はこちら)。

 UNIX使い向けを始め、Apple関連テクノロジー情報を知りつくしたいユーザーに役立つ情報を提供します。

「URLスキーム」を知る

 iOSは「マルチタスク」に対応しているが、必ずしも「すべてのアプリがマルチタスクでは動作しない」。矛盾する言い方のようだが、同じマルチタスクでも前者は「複数のプロセスを並行して動作可能」なことを意味し、後者は「複数のアプリケーションの並行処理には(必ずしも)対応しない」ことを意味する。PCの分野ではもはや当たり前となったマルチタスクが、iOSでは制限されているのだ。その背景については、当コラムの第72回「iPhone/iPadの「アプリ間連携」を活用する」を参照いただきたい。

 Appleはすべてのアプリにはマルチタスクを許可しない代わりに、「URLスキーム」という手段を用意した。URLスキームとは、ネットワーク上の位置(アドレス)を示す手段であり、ウェブページなどインターネット上の資源を指定するときに使われる「http」がその代表格。これに準じた機構をアプリに提供すれば、完全な形ではないながらもアプリ間の連携が可能となるのだ。

 URLスキームを利用すると、あるアプリから他のアプリに値を引き渡しつつタスク(アクティブなアプリ)を切り替えることができる。たとえば、メモアプリにある住所/氏名の情報をスケジュール管理アプリで入力したい場面でURLスキームを利用すれば、iOSにより自動的に設定されるハイパーリンクをタップするだけで、コピー&ペーストをせずに情報をアプリ間で引き渡せるとともに、アクティブなアプリを切り替えられる。こうすれば、マルチタスクが制限されるiOSにおいても複数のアプリを行き来しやすくなるというものだ。

URLスキームを知っていれば、メールなどを利用して相手にアプリの起動をうながすことができるアプリで定義されたURLスキームはシステムに把握されているため、「メモ」などのアプリに記述すれば、自動的にハイパーリンクが設定される

 URLスキームでどのような値を引き渡せるか、その仕様の公開はデベロッパーに任されている。Appleが開発したiOS付属のアプリは、ミュージックの「music:」やマップの「maps:」などの存在が知られているが、仕様は非公開のため、エンドユーザーは自由に利用できない。

 しかし、ここにきてGoogleが「Google Maps」のURLスキーム(関連リンク)を公開。またインクリメントPも「MapFan+」のURLスキーム(関連リンク)を公表しており、アプリ間連携への道を開いている。地図アプリにかぎらず、連携によるメリットが得られるアプリでは、このような動きが広がっていく可能性は高い。

「Google Maps」「MapFan+」
Google Maps App
価格無料 作者Google, Inc.
バージョン1.0 ファイル容量6.7 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降
MapFan+ App
価格無料(アプリ内課金) 作者INCREMENT P
バージョン1.0.2 ファイル容量15.5 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.1以降

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください