このページの本文へ

さくらのクラウドや専用サーバ、リモートハウジングとつなげる

さくらのサービスとユーザー拠点をつなぐ「外部回線接続」

2013年02月22日 15時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月22日、さくらインターネットは同社のサービスとユーザー拠点を広域Ethernetやフレッツ網で直結する「外部回線接続」の提供を開始した。ユーザー拠点と当社データセンターを、1つのローカルエリアネットワークとして接続できるようになる。

さくらインターネットのサービスとユーザー拠点を結ぶ「外部回線接続」(同社サイトより抜粋)

 対象となるサービスは、物理作業をさくらインターネットが代行する「リモートハウジング」、物理サーバーをまるごと1台レンタルできる「さくらの専用サーバ」、IaaS型のパブリッククラウド「さくらのクラウド」など。回線プランは、お客様の用途や予算に応じ「広域イーサネット接続」「フレッツ接続」「VPN接続」の3種類が用意された。料金は以下のとおり。

外部回線接続の料金
回線プラン 初期費用 月額料金
広域イーサネット接続 2万1000円~ 5万2500円~
フレッツ接続 2万1000円~ 1万5750円~
VPN接続(VPN接続用機器の提供) 2万1000円 1万5750円

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ