このページの本文へ

電池は約30日、最大1000ページ保存可能

さっと手書き!シャープが考えた電子文具「WG-N10」

2012年12月18日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部 オオタニ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

12月18日、シャープは手書きでノートをとれる「電子ノート」<WG-N10>(以下、WG-N10)を発表した。シャープ独自のメモリ液晶を採用することで最大1000ページのメモをとることができ、約30日間という電池の持ちを実現した。

アナログとデジタルのいいとこどりを実現

 WG-N10はモノクロ液晶を搭載した手帳サイズの端末で、付属のスタイラスペンで気軽に手書きメモを行なえる。書いたメモはPCに取り込み、画像として保存することができる。

モノクロ液晶の手書きメモ専用端末「WG-N10」

 市場調査によるとスマートフォンやタブレット全盛期とも言える昨今においても、紙の手帳やノートの市場は成長を続けており、未だに根強いニーズがあるという。一方で、紙の手帳やノートは持ち歩きや整理が大変、書いた箇所を探すのが手間、紛失の可能性があるといったデメリットがある。こうした背景から生まれたWG-N10は、サッと取り出し、スラスラ書ける手書きのよさと、最大100冊のノートを持ち運び、簡単に探せるデジタルのよさを融合。テキスト認識やPDFビューア、ソフトキーボードによるテキスト入力など、スマートフォンやタブレットで実現できる機能は一切削り、シンプルな端末に仕上げた。

バックライトがないので、やや暗め文字はもちろん絵も描ける

 端末のサイズは111(W)×155(D)×9.9(H)mmとA6の手帳と同サイズで、専用カバーで包まれた様はまさに普通の手帳。外面には電源ボタン以外なく、インターフェイスもPC連携のmicroUSBポートのみ。最近の電子書籍リーダーよりも、さらにシンプルさを追求した、きわめて潔いハードウェアといえる。重さも本体が210g、専用カバーとスタイラスペンを合わせても約315gと軽量だ。

外部インターフェイスはUSBポートのみ。あとは電源ボタンだけが用意されている

 液晶は600×800ドットの6型メモリ液晶を採用し、省電力を追求。1日2時間使用(40分書き込み、80分表示)の場合、約30日間という電池の持ちを実現した。手のひらが画面に触れても反応しにくいという特徴も持っている。

ペンとマーカーにそれぞれ消しゴム

 機能面も充実している。筆記用具としてペンとマーカーが用意され、それぞれに消しゴムが付いている。そのため、マーカー消しゴムで添削だけを後から消すといった操作が可能だ。ノートフォームも無地、方眼、縦罫、TODOなど9種類から選択できるほか、PCで作ったオリジナルリフィルを追加することも可能。シャープでもオリジナルリフィルを無料配信する予定だという。

「マーカー消しゴム」を使うと、文字の部分を残してマーカーだけが消える

 また、書き込んだデータは画像ファイル(BMP)でUSBケーブルでPCに取り込める。デジタルならではの分類機能も備わっており、作成した日付でカレンダーから調べたり、10種類の分類で仕分けることができる。テキスト入力機能を持たないので、分類のフォルダの名前も手書き文字で登録する。

 発売は2013年1月の予定。価格はオープンで、市場想定価格は1万5000円を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART