このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

シャープ「GALAPAGOS STORE」がiPhone/iPadに対応

2012年08月08日 13時30分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャープは、電子コンテンツストアサービス「GALAPAGOS STORE」において、新たにiOSへの対応を発表した。8月8日以降、App Storeを通じて対応アプリ「電子書籍 GALAPAGOS」の配信を開始する。価格は無料。利用可能な端末は、iPad全シリーズとiPhone 3GS以降、iPod touchの第3世代以降。対応OSはiOS 4.3以上。

iPad上で動作するiOS対応アプリ
iPhoneシリーズで動作させている様子
電子書籍 GALAPAGOS App
価格無料 作者シャープ
バージョン1.0.0 ファイル容量21.5 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ、 対応OSiOS 4.3以降

約320タイトル、約3200冊の雑誌が
最大2400×4096ドットの高精細化対応

 「GALAPAGOS STOREでは、サービス開始当初から高精細が生きるようにオーサリングしたコンテンツを数多く用意しており、新たなiPadで採用されているRetinaディスプレイにも最適化したサービスだといえる。今回のiOS対応によって、Android版の利用と同じ規模にまで、iOS版の利用者数を拡大していきたい。サービスの内容については、今後もAndroid向けと同期させながら進化させていくことになる」(シャープ 通信システム事業本部モバイルソリューション事業部・辰巳剛司事業部長)としている。

シャープ 通信システム事業本部モバイルソリューション事業部・辰巳剛司事業部長

 GALAPAGOS STOREでは、約320タイトル、約3200冊の雑誌が高精細化(最大2400×4096ドット)して提供されており、今後は「昆虫顔面図鑑」(実業之日本社)、「Spografia in London」(gettyimages)などの高精細コンテンツも順次追加していくという。

 GALAPAGOS STOREは、2010年12月にカルチュア・コンビニエンス・クラブとともに、GALAPAGOS向けの電子ブックストアサービス「TSUTAYA GALAPAGOS」としてサービスを開始。2011年9月には、カルチュア・コンビニエンス・クラブとの提携を解消し、TSUTAYA GALAPAGOSを完全子会社化。「GALAPAGOS STORE」に名称を変更した。

GALAPAGOS STOREの歴史

 また、2011年3月からはシャープ製スマートフォンへ対応。同年6月にはシャープ製以外のAndroidスマートフォンにも対応。12月にはAndroid 3.2を搭載したシャープ製以外のタブレットでも、GALAPAGOS STOREを利用できるようにしている。現在、1000機種以上のAndroid搭載端末での利用が可能だ。

 「スマートフォンの普及に伴い、スマホでの利用者数が増加しているほか、ネット書庫サービスの開始以降、電子コンテンツをまとめ買いをするユーザーが増加している」(シャープ通信システム事業本部モバイルソリューション事業部ネットワークソリューション推進部・松本融チーフ)という。

シャープ通信システム事業本部モバイルソリューション事業部ネットワークソリューション推進部・松本融チーフ

 iTunes Store(Japan)

前へ 1 2 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中