このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第280回

猫撮影には「Nikon1 V2」のスマートフォトセレクターが便利!

2012年11月23日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スマートフォトセレクター」が選んだ「かふか」の決定的瞬間!
「スマートフォトセレクター」が選んだ「かふか」の決定的瞬間!

 この秋に面白げなデジカメが大量に登場したんだけれども、その中で私の猫撮り心をくすぐったモデルのひとつが「Nikon1 V2」なのだ。

 Nikon1というのはニコンが出してるミラーレス一眼のシリーズで、V2が名前の通り第二世代。

 ミラーレス一眼って各社がいろんなのをいろんなデザインで出してて、どれにしようかと悩む人も多いだろうけど、よく見ると、「じっくり構えてじっくり撮る派」のミラーレスもあれば、軽快さ重視の「撮る瞬間を逃さない派」のミラーレスもある。Nikon1は後者の代表なのだ。

 センサーサイズが1インチと小さめだからレンズもボディーもコンパクトに作れる、速さと機動力重視のミラーレス。なんか、猫を撮るのによさそうでしょ。

18.5mm/F1.8のレンズを装着した「Nikon1 V2」。後ろにいるのはうちの「かふか」(2012年11月 オリンパス OM-D E-M5)
18.5mm/F1.8のレンズを装着した「Nikon1 V2」。後ろにいるのはうちの「かふか」(2012年11月 オリンパス OM-D E-M5)

 しかもAFが速いし、秒間60コマまでの高速連写もできるし、シャッタースピードも最高1/16000秒と超高速。

 とまあ何かと速いのであるが、猫の動きの一瞬を捉えるのだ、といっても何10枚も超高速連写したところで、同じような写真が何十枚も撮れちゃって、あとで選ぶのが大変、というかもう選べません。目が疲れます。

 Nikon1が面白いのは、超高速で40枚連写した中から「カメラがよく撮れてる写真を5枚勝手に選んでくれる」機能があること。「スマートフォトセレクター」というのだけど、これを使えばいいのだ。

 この「5枚」ってのがミソ。1枚だけだと(そういう設定もあるけど)、カメラ側のセレクトとこちらの望む写真が違ってたらアウトじゃない。5枚だとそのリスクがぐんと減るのだ。

 こんな感じ。

おもちゃで遊ぶかふかをスマートフォトセレクターで連写。そこからカメラが選んだ5枚がこれ
おもちゃで遊ぶかふかをスマートフォトセレクターで連写。そこからカメラが選んだ5枚がこれ

 実際にはブレが少ないとか、メインの被写体がフレーム内に収まってるとかそういう観点で選んでいるらしい。

 5枚から1枚選ぶのは簡単。じーっと見て、ブレてなくて「この瞬間がいい」というのをセレクトするのだ。

5枚の中から一番いいのを選んでみた。オモチャに爪をかける瞬間の写真だ(2012年11月 ニコン Nikon1 V2)
5枚の中から一番いいのを選んでみた。オモチャに爪をかける瞬間の写真だ(2012年11月 ニコン Nikon1 V2)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART