このページの本文へ

ドコモ、機種変更やSIMの形状変更の手数料を有料に……

2012年11月08日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、機種変更時やFOMA→Xiへの契約変更、SIMカードの発行手数料の料金変更などを12月1日より行なう。

SIMサイズの変更が1年に1回無料だったのが有料に……

 まず、新たに新設したのは「登録等手数料」。従来はFOMA→FOMA、Xi→Xiのように、契約変更をともなわない機種変更時に手数料などは不要だったが、今回新たに登録等手数料が必要となる。金額は2100円。なお、ドコモオンラインショップでの機種変更は対象外となる。

 つづいて、FOMA→Xi、Xi→FOMAのように、契約変更がともなう際の「契約事務手数料」。従来の2100円から値上がりし、3150円となる。

 最後にSIMカード(ドコモはUIMカードと呼称している)を再発行してもらうのに必要な「カード発行手数料」は、これまでの3150円から2100円に値下がりしている。

 ただし、これまでは通常サイズ→microSIMサイズ(miniUIMカード)/nanoSIM(nanoUIMカード)など、形状変更にともなうカード発行の場合は、12ヵ月に1回に限り、無料だった。この無料サービスが廃止になっているので、SIMカードを紛失したり、頻繁にSIMの形状を変更するようなケースを除けば実質的な値上げと言っていいだろう。

他キャリアも微妙に異なるが
基本的には似たような料金が必要

 ちなみに他キャリアを見ていくと、auでは契約変更がともなわない機種変更(CDMA 1X WIN→CDMA 1X WIN、LTE→LTE)は無料、契約変更がある場合(CDMA 1X WIN→LTE、LTE→CDMA 1X WIN)は、ドコモの新料金と同様に3150円。SIMカードの再発行は2100円。

 ソフトバンクは、3G→3Gの機種変更は無料、4G(4G LTE含む)→4Gは2100円、3G→4G/4G→3Gの場合は3150円。SIMカードの再発行は1995円となっている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

関連記事

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART