このページの本文へ

パフォーマンス2倍の「iPad Retinaディスプレイモデル」

2012年10月24日 06時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、「iPad Retinaディスプレイモデル」を発表した。Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellularモデルがあり、それぞれメモリー容量が16/32/64GBと異なる3タイプが用意されている。Wi-Fiモデルの価格は、16GBが4万2800円、32GBが5万800円、64GBが5万8800円。Wi-Fi+Cellularモデルは、16GBが5万3800円、32GBが6万1800円、64GBが6万9800円。

「ブラック」「ホワイト」

 Wi-Fiモデルは、10月26日より予約受け付けを開始し、11月2日に発売。Wi-Fi+Cellularモデルは11月下旬よりソフトバンクモバイルおよびauから発売される予定(Micro-SIMカード採用)。

 iPad Retinaディスプレイモデルは、クアッドコアグラフィックス搭載のデュアルコア新CPU「A6X」を採用し、従来モデルに比べ最大2倍のパフォーマンスを実現した。また、解像度2048×1536ドット(アスペクト比4:3、264ppi)表示対応の9.7インチIPS液晶ディスプレーを搭載している。

クアッドコアグラフィックス搭載のデュアルコア新CPU「A6X」

 背面のiSightカメラは500万画素。5枚構成のカメラレンズからなり、ハイブリッド赤外線フィルターを採用。開口部はF2.4。またオートフォーカス、HDR、最大10人の顔検出をサポートしている。ビデオカメラ機能では、1080pのHDビデオ撮影(30fps)、手ぶれ補正機能を利用できる。前面のFaceTime HDカメラは1.2メガピクセルで、720pのHDビデオ撮影が可能。

 ネットワーク機能については、Wi-Fiモデルは、Bluetooth 4.0、IEEE 802.11a/b/g/nに対応。2.4GHz/5GHz対応のデュアルバンド802.11nワイヤレス接続により、最大150Mbpsで通信を行なえる。Wi-Fi+Cellularモデルは、さらにLTE、HSPA、HSPA+、DC-HSDPAをサポートしている。

 インターフェースは、「Lightningコネクタ」、ヘッドホン端子。センサーとして3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサーを搭載。位置情報関連では、Wi-FiモデルはWi-Fiおよびデジタルコンパスを利用可能。Wi-Fi+Cellularモデルは、加えてAssisted GPSおよびGLONASS、携帯電話通信を利用できる。

 Wi-Fiモデルのバッテリー駆動時間は、インターネット利用/ビデオ再生/オーディオ再生が最大10時間。Wi-Fi+Cellularモデルでは、無線LAN利用時はインターネット利用/ビデオ再生/オーディオ再生が最大10時間。3Gの場合はインターネット利用が最大9時間。

 Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellularモデルの本体サイズは、横幅185.7×縦241.2×厚さ9.4mm。重量は、Wi-Fiモデルが652gで、Wi-Fi+Cellularモデルが662g。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中