このページの本文へ

ソフトバンク、第4世代iPadの128GB版を2月6日に発売

2013年02月04日 19時53分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、2月6日からストレージ容量128GBを搭載する「iPad」Retina ディスプレー Wi-Fi+Cellularモデルと、Wi-Fiモデルの2機種を一部のソフトバンクショップおよび家電量販店で発売する。

第4世代「iPad」Retina ディスプレー

 昨年秋に発売された第4世代「iPad」は内蔵ストレージ64GBが最大だったが、その倍である128GBモデルが新たに追加された。

 価格は一括払いでWi-Fi+Cellularモデルが7万7520円、Wi-Fiモデルが6万6800円。Wi-Fi+Cellularモデルのみ分割払いが可能で、その場合は分割支払金が3230円×24回、iPad向け月月割が2240円×24回、これで実質負担額が990円×24回(合計2万3760円)となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中